川栄李奈の初舞台、演出家も絶賛 「お芝居が好きなので毎日楽しい」

2015.8.27 16:51配信
初舞台に挑む川栄李奈

 舞台「AZUMI 幕末編」の制作発表および公開舞台稽古が27日、東京都内で行われ、出演者の川栄李奈、浅香航大、渡部秀、演出の岡村俊一氏ほかが登場した。

 小山ゆう氏の人気コミック「あずみ」の舞台版。今回は時代を幕末に移し、双子の兄・駿介や幕末の志士・坂本龍馬や勝海舟らとともに新たな歴史物語を築く。

 かつて映画版では上戸彩、舞台版では黒木メイサが演じた大役に挑む川栄は「AKBを卒業してから初めての仕事なので本当に気持ちが入っている。いい作品にしたい」と意気込みのコメント。刺客として育てられた少女あずみ役として奮闘する毎日だが「お芝居が好きなので、毎日こうして稽古するのが本当に楽しいです」と満面の笑みを見せていた。

 この日は、複数の殺陣シーンを披露。演出の岡村氏からは「覚えに関しては歴代の中でずば抜けて1位。スパルタ的に鍛えても(動きが)スイスイ(体に)入る」と絶賛されたが、当の川栄は「そんなに覚えるのは早くない」と自己分析。

 「ただ、叩き込まれるので、分かってないのに分かっている風にやってました。今ではちゃんと体に(動きが)入ってますが…」とぶちまけて、笑いを誘った。

 また、会見で共演の浅香や渡部から「経験者顔負けなぐらい頑張っている」、「座長として付いて行きたいと思わされる」と口々に褒められた川栄は「皆さんの助けあってこそです」と感謝。「おバカは卒業?」という問いには、笑いながら「徐々に隠していけたら」と答えていた。

 さらにAKB卒業で恋愛解禁となった川栄。「男性から言い寄られたりしない?」という質問には「ないですね」としつつ、男性共演者に「いいんですよ。お手紙くださっても」と冗談めかして、笑いを誘った。

 舞台は、9月11日~9月24日、都内の新国立劇場中劇場で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング