パナソニック、スマホで見守るホームネットワークシステム

2015.8.27 17:40配信
スマ@ホーム システム

パナソニックは、スマートフォンで屋内や屋外を見守れるホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」全5機種を10月15日に発売する。価格はいずれもオープン。

専用アプリ「ホームネットワーク」をインストールしたスマートフォンと連携して、カメラで家の見守りが可能。カメラの映像をスマートフォンで確認したり、スマートフォンとカメラ間で会話したりできるので、警備会社のサービスのように月額料金などがかからず、手軽に屋内外の見守りを実現する。

「屋外カメラ」には動作検知、人感(熱)センサ、「屋内カメラ」には動作検知、温度センサ、音センサを搭載しており、センサの検知があった場合はスマートフォンに通知して、カメラに映った映像を見られる。カメラには赤外線による暗視機能を備えており、夜間でも映像(白黒)の確認が可能で、スマートフォンでは最大2画面まで表示できる。また、「ホームユニット」に挿入したmicroSDHC/microSDカードへの、動画や音声の保存にも対応する。

専用アプリをインストールしたスマートフォンなどを、無線LANに接続した「ホームユニット」に登録するだけで、それぞれの機器との接続が可能で、ホームユニットには最大8台までのスマートフォン/タブレット端末を登録できる。

「開閉センサー」は、窓やドアが開いたことを検知すると、「ホームユニット」とともに報知音を鳴らし、「人感センサー」は、赤外線による温度変化を感知すると、「ホームユニット」から報知音を鳴らせる。設置可能台数は、「開閉センサー」「人感センサー」合わせて最大50台まで。なお、「人感センサー」の報知音はオフにでき、スマートフォンから通知のみでも利用できる。

このほか、DECT準拠方式を採用した別売の中継アンテナ「KX-FKD3」を使えば電波エリアの拡大が可能で、カメラやセンサがホームユニットから離れている場合などに役立つ。

ラインアップは、「ホームユニット」(KX-HJB1000-W)、「屋外カメラ」(KX-HJC100-W)、「屋内カメラ」(KX-HJC200-W)、「開閉センサー」(KX-HJS100-W)、「人感センサー」(KX-HJS200-W)の5機種で、「ホームユニット」と「屋外カメラ」をセットにした「屋外カメラキット」(KX-HJC100K-W)、「ホームユニット」と「屋内カメラ」をセットにした「屋内カメラキット」(KX-HJC200K-W)も用意する。

税別の実勢価格は、「ホームユニット」が1万2000円前後、「屋外カメラ」が1万8000円前後、「屋内カメラ」が1万7000円前後、「開閉センサー」が4500円前後、「人感センサー」が4000円前後、「屋外カメラキット」が2万7000円前後、「屋内カメラキット」が2万6000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング