Sexy Zoneの中島健人が映画で“悪魔級ドS男子”に!

2015.8.28 10:11

別冊フレンドで連載中の『黒崎くんの言いなりになんてならない』が実写映画化され、Sexy Zoneの中島健人が主演を務めることが決定した。

その他の情報

本作は、親の転勤で突然、寮生活をすることになった由宇が、学園のスター的存在で“白王子”と呼ばれる白河と、“黒悪魔”と呼ばれる超ドSな黒崎の間で揺れ動く様を描いたラブストーリーで、中島が黒崎を、小松菜奈がヒロインの由宇を、千葉雄大が白河を演じる。

本作が、3作目の映画主演作になる中島は「今回、映画のお話を頂いて、”恋愛劇”ができることがすごく嬉しかったです。映画に出演して、ご覧になる皆さんの胸をときめかせたい! という気持ちが強かったので、今回このチャンスを頂けて感動しました」とコメント。「映画でのラブストーリーは初めてなので全力で挑みたいです。“黒”要素というのが実際の自分にはないと思っていますが、もし少しでもあるとしたら、この役を通してこれから見つけていくしかないなと。この映画で初めて”ブラックな中島”を見て頂けるんじゃないかなと思っています」と意気込みを語っている。

原作者のマキノは「中島健人さんは、お話をいただいたあと、担当さんとSexy ZoneさんのコンサートDVDを観ました。踊っているときもお話をされているときも立ち姿がとてもきれいで、黒崎くんの印象と重なりました」と分析し「漫画を作るときは、担当さんが黒崎くんにつけた“悪魔級ドS男子”というキャッチコピーにいつも苦しまされています。そんな黒崎くんが映画ではどんなふうに描かれるのか、わたしも楽しみにしています」と語っている。

中島はこれまで穏やかなイメージの役どころが多く、ヒロインに無理難題を課す黒崎をどう演じるのか楽しみだ。

『黒崎くんの言いなりになんてならない』
2016年2月27日(土) 全国ロードショー

予告編動画

人気記事ランキング

公開情報

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』
2.27 全国公開
公式サイトへ