中判デジタル一眼レフ「ライカS(Typ 007)」、9月に発売

2015.8.28 12:57配信
ライカS(Typ 007)

ライカカメラは、ミドルフォーマット対応デジタル一眼レフカメラ「ライカSシステム」の最上位モデルとして、「ライカS(Typ 007)」を9月に発売する。ボディのみの税込価格は259万2000円。

新開発の3750万画素「ライカMAX CMOS」センサと「ライカMaestro(マエストロ)」イメージプロセッサによって処理スピードを高速化し、汎用性を大きく向上した。バーストレートは毎秒最大3.5コマで、フルフレームミドルフォーマットでのフルハイビジョン動画と、スーパー35mmフォーマットによる4K動画の撮影に対応し、高速な「ライブビュー」モードを備え、あらゆるISO設定での卓越した描写性能を可能にした。

2GBのバッファメモリを搭載。高速シーケンスでもスムーズに撮影でき、高速な連写性能ながら新採用のフォーカルプレーンシャッターによって最低15万ショットの長寿命化を実現する。

オートフォーカスシステムを刷新することでフォーカシングを高速化するとともに、被写体の動きを記録して撮影時の被写体までの距離を割り出す「予測オートフォーカスモード」によって、フォーカシングの信頼性と精度を高めた。

このほか、撮影地の位置情報を記録するGPSモジュール、スマートフォン/タブレット端末との連携を可能にする無線LANモジュール、コーニングの「ゴリラガラス」をカバーガラスに採用した3インチ液晶モニタを備えており、本体は新採用のステンレス製バヨネットによって耐久性を向上するとともに、ほこりや雨などを防ぐ密封構造を採用する。

対応メディアは、SDXC/SDHC/SDカード、コンパクトフラッシュカード。ソフトウェアは、「Adobe Photoshop Lightroom」と「Leica Image Shuttle」を製品登録後にカスタマーサイトからダウンロードできる。サイズは幅160×高さ80×奥行き120mmで、重さは約1260g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング