EXO、「a-nation」初登場に味スタ絶叫! 11月に日本初シングル決定

2015.8.30 21:00配信
EXO EXO

韓国出身の人気グループ、EXO(エクソ)が30日、東京・味の素スタジアムで開催されたエイベックス主催の野外音楽フェス「a-nation stadium fes」に初登場。日本の音楽フェスに参加するのは今回が初めてながら、堂々たるパフォーマンスで5万人を魅了した。

EXOの公演チケット情報

EXOのオープニング映像がスクリーンに流れると、会場にはEXOのテーマカラーであるシルバーのペンライトが煌き、ひときわ大きな歓声がスタジアムの空に響き渡った。

オオカミの咆哮が聞こえると、ステージのセンターで、ブルーのライトに照らされる、メンバーがたちが作り出す美しい“生命の木”。『Wolf』で、一気にEXOの神秘的な世界観に引き込むと、続けて、カイのダークで魅惑的なソロダンスパフォーマンスで魅了。そこから『Overdose』へと繋がれ、ヒット曲の連発に、スタジアムの興奮は加速した。

会場に煌くブルーとシルバーのコントラストに、メンバーは目を輝かせ、「いま、本当にワクワクしています。みんな、最高にキレイです」(カイ)、「ドキドキします。一緒に楽しんでいきましょう」(セフン)と興奮気味に語った。

同フェスには初めての出演で、ベクヒョンは「きょうの『a-nation』のステージを待ってました」と満面の笑み。スホは「いろんなアーティストの方と同じステージに立ててうれしいです。寒さと雨を忘れるステージをお見せします」と宣言した。

韓国最新曲『Love Me Right』では、メンバーの笑顔が溢れ、ファンキーでハッピーなステージを展開。『XOXO』では、メンバーがステージの左右に分かれて会場を煽り、最後には、ベクヒョンとシウミンが頭上で腕を掲げてハートマークを作る“サランヘポーズ”で沸かせる場面も。そして、『3.6.5』では、チャンヨルを始めメンバーはカメラに向かってと飛び切りキュートなアピールをしながら、韓国語と中国語で歌い、グローバルに活動するEXOらしさを見せた。

最後のMCでは、ベクヒョンが「ここでお知らせがあります」と切り出すと、「EXOの日本のシングルリリースが決定しました。楽しみにしてください!」と発表。スタジアムに歓喜の悲鳴が響き渡った。EXOの日本初シングルは11月4日にリリースされる。

11月には東京と大阪で3日間ずつの2大ドーム・ツアーも決まっているEXO。「11月のドーム公演にも遊びに来てください!」(ベクヒョン)と呼びかけると、最後は、EXOの大ヒット曲『Growl』で再び会場を熱狂の渦に巻き込んだ。

そして、「We are one!」とEXOお決まりのあいさつをすると、「素敵な思い出を作ってくれてありがとうございます!」(スホ)、「愛してます」(チャンヨル)、「みなさん、最高~」(ベクヒョン)と、興奮冷めやらぬ様子でメンバーはステージを後にした。

この日はEXOのほか、浜崎あゆみやAAAなどの人気アーティストも出演した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング