パナソニック、新デザインを採用したビルトイン食器洗い乾燥機

2015.8.31 14:4配信
NP-45KD7W

パナソニック・エコソリューションズ社は、食器洗い乾燥機の前面の排気口をなくし、システムキッチンと調和したフルインテグレートタイプのビルトイン食器洗い乾燥機「Kシリーズ」2機種と、進化した「エコナビ」などを搭載した「Mシリーズ」「Vシリーズ」6機種を12月1日に発売する。

「Kシリーズ」「Mシリーズ」「Vシリーズ」いずれも、高濃度・高活性酵素洗剤液をプラネットアームノズルで効率よくすみずみまで噴射することで、油やご飯のガンコなこびりつき汚れを溶かし、高圧洗浄できれいに洗い流す「バイオパワー除菌」、新型2段構造のプラネットアームノズルによる2種類の水流で、ガンコな汚れをきれいに洗い流す「プラネットアーム洗浄」、上カゴがスライドする「ムービングラック」を備える。

「Kシリーズ」「Mシリーズ」は、「エコナビ」に従来の「汚れ」「食器量」センサに加えて、「室温」センサを搭載することで、よりきめ細かな制御を可能にし、最大約12%の節電、約17%の節水、年間ランニングコスト約2000円の節約を実現した。

「Kシリーズ」は、ツインファン&エアミキシング方式の採用によって、前面の排気口をなくすことで、扉が閉まっている場合には食器洗い乾燥機を設置していないシステムキッチンと見分けがつかないほど、システムキッチンと調和する。作動時でも、約35度の低温排気で排気を気にすることなく後片付けができる。なお、操作は本体上部の操作パネルで行い、LEDインジケーターランプによって運転状況を知らせる。

ラインアップは、ディープタイプの「NP-45KD7W」と、ミドルタイプの「NP-45KS7W」の2機種。工事費を含まない税別価格は、「NP-45KD7W」が21万9000円、「NP-45KS7W」が19万3000円。

「Mシリーズ」は、ディープタイプの「NP-45MD7W」「NP-45MD7S」と、ミドルタイプの「NP-45MS7W」「NP-45MS7S」の4機種。工事費を含まない税別価格は、「NP-45MD7W」「NP-45MD7S」が19万9000円、「NP-45MS7W」「NP-45MS7S」が17万3000円。

「Vシリーズ」は、ディープタイプの「NP-45VD7S」と、ミドルタイプの「NP-45VS7S」の2機種。工事費を含まない税別価格は、「NP-45VD7S」が18万4000円、「NP-45VS7S」が15万8000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング