『弱虫ペダル』総北&京伏キャストが勢ぞろい 山下大輝「うれしくて言いたいことを忘れた」

2015.8.31 14:36配信
(左から)伊藤健太郎、安元洋貴、森久保祥太郎、山下大輝、鳥海浩輔、福島潤、野島裕史、遊佐浩二

 『劇場版 弱虫ペダル』の公開記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の山下大輝、鳥海浩輔、福島潤、安元洋貴、森久保祥太郎、伊藤健太郎、遊佐浩二、野島裕史が出席した。

 本作は、シリーズ初のオリジナル長編映画で、原作者の渡辺航氏による書き下ろしストーリーを描く。

 主人公・小野田坂道の声を務める山下にとっては初主演映画となる。「アニメの第1期、第2期から、まさか劇場版になるとは。夢がかなったような、みんながもっと大好きになりました。また坂道くんを演じることができてうれしかったです」と喜んだ。

 以前も同じ劇場で試写会が行われており、山下は「あの時の緊張がよみがえりました。2年以上経ちますが、思い返すと本当にいろいろなことがありました。今ここに立ってあっという間とも感じるけど、ここまで走って来られたのは支えてくれる先輩方やスタッフの方がいたからです」とあらためて感謝を述べた。

 また、巻島裕介役の森久保が「『弱虫ペダル』は小野田坂道の成長物語でもあり、2年間頑張ってきたということでわれわれからこんなものを用意しました」ときっかけを出し、山下へ小野田坂道モデルのヘルメットがサプライズで贈られた。

 山下は「うれしいです。やったあ!」とすぐさまステージを駆け回ってファンに披露。ヘルメットをかぶってみせ、安元からメガネを借りて坂道になりきる場面もあり、「こんなサプライズがあるなんて全然知らなかったもので、うれしくて感激のあまり言いたいことがあったのに忘れてしまいました」と大喜びした。

 最後に、森久保は「今回は絆、受け継ぐ、引き継ぐといったものがテーマにありました。巻島として“チーム総北”の魂は坂道に最大限伝えたつもり。坂道がその思いを皆さんに伝えてくれたのではないかと思います」と語り、金城真護役の安元は「今回の劇場版は、(アニメ第2期後の)プラスアルファでスタッフさんが皆さんのために用意したものだと思います。ファン感謝祭のような作品になっていると思います」とファンにメッセージを寄せた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング