安蘭けい、3年ぶりに「CHESS」に出演 「『あしたのジョー』で言えば丹下段平の役」

2015.8.31 15:40配信
 (左から)田代万里生、石井一孝、安蘭けい、中川晃教

 ミュージカル「CHESS」の公開稽古および囲み取材が31日、東京都内で行われ、出演者の安蘭けい、石井一孝、田代万里生、中川晃教が登場した。

 本作は、ポップグループ・ABBAのメンバーが作曲し、ティム・ライスが原案・作詞を手掛けた、冷戦をテーマにしたミュージカル。

 安蘭は3年前に「CHESS in Concert」というコンサート版に出演しているが、意気込みを聞かれると「コンサートを見に来てくださった方にも期待を裏切らない素晴らしいものになると思うので、劇場でお会いできるのを楽しみにしています」と語った。

 自身が演じる役柄については、「フローレンスというハンガリー動乱で両親を亡くした暗い過去を持つ女性で、中川くんが扮(ふん)するアメリカのCHESSチャンピオンのセコンド。『あしたのジョー』で言えば丹下(段平)さんの役を演じます」と紹介して、会場の笑いを誘った。

 「コンサート版とミュージカル版の違いは?」との質問には、「ミュージカル版はストーリーが分かりやすくなっていて、キャラクターの個性が色濃く出ています。私(の役)だったらハンガリー動乱とか、過去のバックボーンで持ってるものを深く考えたり、想像していただく場面も増えていて、話的にも深くなっていると思います」とアピールした。

 舞台は、9月27~10日12日に都内、東京芸術劇場 プレイハウス、10月19~25日に大阪、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング