いわゆる「セカンド彼女」として彼氏と付き合い始めた。彼氏はもう一人の彼女と別れると言ってくれている。

…残念ですが、この場合、彼氏がもう一人の彼女と別れることはまずありません。

今回は、セカンド彼女がだまされやすい「優しいウソ」と、だまされてしまう理由について解説します。

「セカンド彼女」はなぜ優しいウソにだまされてしまうのか?

先日、一緒に仕事をしている20代の女性フォトグラファーから相談を受けました。

付き合っている彼氏に、もう一人彼女がいる。自分はセカンド彼女になることを了承して付き合い始めたが、本当のところは自分が本命彼女になりたい。彼氏は、もう一人の彼女と別れると言っているが、本心かどうか知りたい…とのことでした。

読者の中にも、同じような状況の方がいらっしゃるかもしれませんね。

結論からいいます。厳しいようですが、もしあなたがこのような状態にあるなら、ほぼ例外なく彼氏は、もう一人の彼女と別れるつもりはありません。

もう少し正確なことをいうと、彼氏は、もう一人の彼女を愛しているわけではありません。あなたも、もう一人の彼女も、どちらも遊びで付き合っていることがほとんどです。

なぜなら、付き合っている女性が二人いたとして、どちらかの女性に気持ちが完全に移ってしまったなら、いくら気が多い男性でも、このような不完全な関係を維持しようとは、まず思わないからです。

もう一つ、彼氏があなたともう一人の女性と遊びで付き合っているという証拠を述べます。

一度や二度はこういうことを言われたのではないでしょうか。

「(もう一人の)彼女とはうまくいっていない」
「(もう一人の)彼女とは別れるつもりだ」

と。

もし、彼氏の言うことが本当なら、さっさともう一人の彼女とは別れて、あなたとだけ付き合うはずです。

そうしないということは、彼氏は、もう一人の彼女に対して「(あなたとは)うまくいっていない。別れる」と言っているわけですね。だから、こんな不安定な関係が生まれるわけです。

そもそも、あなたも、うすうす彼氏がウソをついていたり、不誠実な態度を取っているのは分かっているのではないでしょうか。

それにもかかわらず、彼氏に不満をきちんと伝えられないのはなぜでしょうか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます