いざラグビーW杯へ、日本代表最強の31名発表!

2015.8.31 18:40配信
エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチと日本代表最終登録メンバー31名 エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチと日本代表最終登録メンバー31名

8月31日、『ラグビーワールドカップ(RWC)2015』に臨む日本代表代最終登録メンバー31名が発表された。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は、「31名の選手は4年間、日本のラグビーを変えるために戦ってくれた。イングランドでは究極の試練が待っている。我々は明日、胸を張って成田を旅立つ。そしてベスト8に入って、また胸を張って成田に戻って来たい」と意気込みを語った。

日本代表メンバーは以下の通り。
【FW】アイブス ジャスティン(キヤノン)、伊藤鐘史(神戸製鋼)、稲垣啓太(パナソニック)、大野均(東芝)、木津武士(神戸製鋼)、ツイ ヘンドリック(サントリー)、トンプソン ルーク(近鉄)、畠山健介(サントリー)、マイケル・ブロードハースト(リコー)、ホラニ 龍コリニアシ(パナソニック)、堀江翔太(パナソニック)、真壁伸弥(サントリー)、アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)、三上正貴(東芝)、山下裕史(神戸製鋼)、湯原祐希(東芝)、リーチ マイケル(東芝)
【BK】クレイグ・ウィング(神戸製鋼)、小野晃征(サントリー)、五郎丸歩(ヤマハ発動機)、マレ・サウ(ヤマハ発動機)、立川理道(クボタ)、田中史朗(パナソニック)、田村優(NEC)、廣瀬俊朗(東芝)、日和佐篤(サントリー)、福岡堅樹(筑波大)、藤田慶和(早稲田大)、カーン・ヘスケス(サニックス)、松島幸太朗(サントリー)、山田章仁(パナソニック)

9月19日(土)、日本代表は1995・2007年と2度『RWC』を制している南アフリカとの初戦を皮切りに、ベスト4・1回、ベスト8・5回のスコットランド戦(23日(水))、サモア戦(10月3日(土))、アメリカ戦(11日(日))とプール戦がラインナップされている。過去7大会で1勝2分21敗と悔しい思いをしてきた日本代表にとって、厳しい戦いが待っているが、エディーHCはブレない。「『RWC』では日本よりも大きくて力強い相手と戦うことになる。日本は運動量、賢さ、情熱で相手よりも上回る必要がある。この4年間、今回のジャパンほど努力してきたチームはいない。その成果をグラウンドで見せたい」と指揮官は自信を覗かせた。

桜のジャージを身にまとう選手たちも同様だ。リーチ主将は「日本のラグビーの歴史を変えられるのはこのメンバーだけ。責任を果たす」とキッパリ。副将の五郎丸も「日本のラグビーを変えることが一番重要。勝たないと始まらない」と誓った。3度目の『RWC』出場となる最年長37歳の大野が「過去2大会は悔しさが残る大会だった。ファンに誇りに思ってもらえるような結果とパフォーマンスを見せたい」と言えば、ふたりの大学生も「すべてを出し切って笑顔で帰国したい」(福岡)、「歴史を変えるワンチャンスを生かして帰って来たい」(藤田)と語った。

史上最強の日本代表の、史上最大のチャレンジがいよいよ始まる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング