【結婚】あなたの価値観が変わるかも!? 結婚にまつわる「偉人」たちの名言13

2015.9.1 14:10

「素敵な旦那様と結婚したいな」「結婚して幸せな人生を送りたい」…そう願う女性は数多いと思いますが、世の中には「結婚は人生の墓場」という言葉もあります。今回は、あなたの結婚に対しての価値観も変わってしまうかもしれない、“結婚にまつわる偉人たちの名言集”をご紹介します。

女性なら、一度は憧れる『結婚』。
何をそんなにやっきになるのか、結婚に対する熱い思いは、いつの時代も男性よりも女性の方が大きく抱いている。そんな気がします。

「素敵な旦那様と結婚したいな」
「結婚して幸せな人生を送りたい」

女性なら、一度は思い描く夢の結婚ですが、「結婚は人生の墓場」なんて言葉もあるように、世に言う偉人という方々は、結婚に対しての価値観が世の女性とは違う、そんな名言を残しているのです。

今回は、あなたの結婚に対しての価値観も変わってしまうかもしれない、“結婚にまつわる偉人たちの名言集”をご紹介いたします。

日本の偉人編

川端康成

「そう、君らにはわかるまいが、五十六十の堂々たる紳士で、女房が恐ろしくてうちへ帰れないで、夜中に外をさまよっているのは、いくらでもいるんだよ」

夏目漱石

「結婚は、顔を赤くするほど嬉しいものでもなければ、恥ずかしいものでもないよ。それどころか、結婚をして一人の時間が二人になると、一人でいた時よりも、人間の品格が墜落する場合が多い」

芥川龍之介

「結婚は性欲を調節することには有効であるが、恋愛を調節することには有効ではない」

有島一郎

「女の持つ愛はあらわだけれども小さい。男の持つ愛は大きいけれども遮られている。しかして大きい愛はしばしばあらわな愛に打ち負かされる」

伊達正宗

「朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし」

美輪明宏

「昔は、結婚というものはハナから辛いものだと覚悟していた。今みたいに夢なんか抱いていなかった。花嫁は泣きながら嫁に行ったんです。だから僅かな幸せを喜べた。つまりマイナスから始まっていたのでちょっとしたプラスがすべて幸せになり、結婚も上手くいったんです」

言うまでもありませんが、皆一概に結婚というものに対して、『幸せ』と位置付けていないのです。

美輪明宏さんの言葉に至っては、現代人は知っておいた方が良い言葉とも思えます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント