江口洋介「手に汗握りながら見てほしい」 『天空の蜂』を中学校でPR

2015.9.1 14:15配信
特別防災訓練イベントに登場した江口洋介

 映画『天空の蜂』「防災の日」特別防災訓練イベントが1日、東京都内の帝京中学校で行われ、出演者の江口洋介、やべきょうすけ、永瀬匡、堤幸彦監督が登壇した。

 本作は、最新鋭にして日本最大のヘリコプター「ビッグB」を乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるというテロ事件を背景に、その危機に立ち向かう人々と犯人との8時間の攻防を描いたサスペンス巨編。

 この日の会場は体育館。「ビッグB」の設計者で機内に取り残された男の子の父親を演じた江口は、生徒たちを前に「ジェットコースターに乗ったような映画。ドキドキハラハラする瞬間がたくさんあって、めちゃくちゃ面白いから」と笑顔でアピールした。

 さらに「家庭はうまくいっていない、本当に駄目なお父さん」とキャラクターを説明した江口は「そんなヒーローでない男が、極限状態になった時に子どもをどう守るのか…。ある種(『ミッション:インポッシブル』の)トム・クルーズ!」とあおった。 

 緊張からかおとなしい生徒たちに江口は「リアクションが薄いですね。真顔でにらまれてます…」と苦笑いを浮かべつつ、「もし自分だったらどうするか、手に汗握りながら見てほしい」と熱く呼び掛けた。

 また、劇中で描かれる“親子の絆”について聞かれた江口は「“絆”と言われても、なかなか分からないよね。家族それぞれスタイルも違うので」としながらも「コミュニケーションを取ることが大切。(子どもに)煙たがられるかもしれないけど、同じスポーツをしたり…。みんなもサッカーとか野球とかきっと何かやっているでしょう? 食卓以外でのコミュニケーションも大事。ゲームも楽しいけど、バーチャルよりはリアルで。本物の人との付き合い方というのは机の前に座っているだけでは分からない」と父親論を披露した。

 映画は9月12日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング