綾野剛「ひげが痛かったのでは?」 キスシーンで多部未華子に謝罪

2015.9.1 21:00配信
多部未華子(左)と綾野剛

 映画『ピース オブ ケイク』の公開直前“愛を叫ぼう”ライブ付上演イベントが1日、東京都内で行われ、出演者の多部未華子、綾野剛、峯田和伸、主題歌担当の加藤ミリヤ、田口トモロヲ監督ほかが登場した。

 ジョージ朝倉氏の人気コミックスを映画化した本作は、現代女性の切ない恋や仕事におけるリアルな心情を描く大人のラブストーリー。

 公開を4日後に控えた心境を綾野から「どうですか?」と問われた多部は「えっ?」と戸惑いつつも「“番宣”をすごく頑張っているので、本当にたくさんの人に見ていただかないと報われないです」とこぼした。これには綾野も「本当の声が出ちゃったね…」と返して笑いを誘った。

 流されるままに何となく生きてきた志乃を演じた多部は「原作では、これすごく分かるな~という部分がたくさんあった。でも共感できるから演じられるかというと、そうでもないことをあらためて痛感しました」と明かした。

 志乃が恋に落ちるアルバイト先の店長・京志郎を演じた綾野も「こんなにも自分のことを客観的に見られない作品は初めて。今まで、まともにラブストーリーをやったことがなかったので…」と語り、照れ笑いを浮かべた。

 また、本作は二人のキスシーンもある。綾野は「ひげが痛いんじゃないかな? とすごく気になっていた。監督に何テークも粘られて、多部ちゃんのこの辺り(口の周り)が赤くなっちゃって…」と語り、多部に謝罪した。

 「柔らかくなるように自分でひげをもんでいました」と振り返る綾野に、多部は「ひげって痛いですよね。でも、綾野さんのは長さがあったから大丈夫。全然気にしていませんでした」と笑顔で語った。

 映画は9月5日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング