中谷美紀が語る『繕い裁つ人』

2015.9.2 10:18配信
中谷美紀 写真:宅間國博

『しあわせのパン』や『ぶどうのなみだ』を手がけ、世界でも高く評価されている三島有紀子監督の新作『繕い裁つ人』のBD&DVDが本日発売となる。本作で、「頑固じじい」と言われるほど頑なこだわりを持つ仕立て屋の2代目店主・市江を演じた中谷美紀。実は原作である池辺葵のコミックとは別に、市江を演じるにあたり参考にした身近なモデルがいたという。

その他の写真

「この作品と出逢い、私以上に私の友人に変化が訪れました」と中谷美紀。「『Lisiere(リジエール)』というアパレルブランドを立ち上げている友人なのですが、大量生産はせず、自分の信念を頑なに貫いている、まさに市江のような人だったんです。この作品のお話をお受けしたときに、『あなたをモデルに役作りをします。いろいろと教えてください』と、お伝えしにいきました。その友人がこの作品を観て、自分で設けていた限界を取り払って、もっともっと大きな世界に飛び込んでくれるようになりました。伊勢丹さんでのポップアップストアも決まったんですよ。藤井(三浦貴大)のおかげです(笑)」。

1年ほど撮影時期が延期してしまったという本作だが、それでもこの作品に出たいと思った理由について、「監督もプロデューサーも最高の舞台になるまで妥協をしなかったからこそ、私もついて行きたいと思いました。女優としての理想は、本当に尊敬できる作り手さんと出逢い、作り手さんの色に染まること。それしかないと思っています。三島監督と出逢えたことは財産です」。

衣装について感想を尋ねると、「はじめは戸惑いました」という意外な答えが返ってきた。「体を使って作業をする人間なのに、スカートもボリュームがあって袖も長くて、こんなに固い衣装で果たして自由に体が動くのだろうか、と少し違和感がありました。でも実際にセットに入ったら、衣装合わせで感じた違和感が払拭されたんです。その鎧のような衣装をまとってその場に立つということが、市江にとってどれだけ大切だったのか、ということを実感しました。まさに市江そのもののような衣装で、伊藤佐智子さんの意図に感服しました」。

来年40歳を迎える中谷だが、歳を重ねることは楽しみだという。「自分の発した言葉にようやく説得力がでてくるのかな、と思います。若いうちは理想と現実のギャップが開いて苦しかったのですが、最近は縮まってきました。身の程を知ったらかでしょう。理想の女性像は、言い訳をせずに自分の仕事や行動に責任を持ちつつ柔軟である人。演じるという仕事を通じて、人の心を表現できたらなと思います」と語った。凛とした気品がありながらも、飾らない自然体な姿で多くの人々を惹き付けてやまない中谷。年齢を重ね、今後ますます魅惑的な女優になっていくに違いない。

『繕い裁つ人』
ブルーレイ&DVD発売中
ブルーレイ:5500円+税
DVD:4700円+税

発売元:ポニーキャニオン

写真:宅間國博
取材・文:小杉由布子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング