4. 素顔がわかりにくくなる仮装、危険なアイテムの持ち込みは不可

©Disney

顔に、肌とは違う色を塗ったり、傷を書いたり、お面をつけるのはダメよ。

顔は確認できる状態で参加して頂戴ね。

ただ一昨年(2016年)から、一部分なら、ヒゲを描いたり、つけたりするのはOKになったわ!

一部分ってちょび髭ってことよね。それもそれで難しいわね。

あとは危ないから長い棒ナイフモデルガンなんかの持ち込みはダメよ。

ほら、危険だし、怖がらせちゃうでしょう?

小道具の大きさってのはわかりずらかったけれども、手荷物(幅60cm × 高さ50cm × 奥行25cmのバッグ)の中に入るものと明記されていたわ。

わたくしがジャファーの杖を作った時には、短くして手に巻きつけられるように工夫したわ。

あ…あとこれはさすがに言う必要ないと思うけれど……

ぜっ…ぜっ…全身タイツはダメよ。

理由は分かるでしょ。ほら。ね? 全身タイツはダメ。

【ポイント4】

細かい注意点も多々。必ず一度は、東京ディズニーリゾートのオフィシャルサイトに目を通そう!

 

5. トイレでの着替えは絶対禁止。必ず指定の場所で!

ところで、キャラクターに変身するときに、お着替えする場所が必要でしょう?

大丈夫よ。

開園の1時間前から閉園時間まで空いている着替えスペースってのがあるの。

東京ディズニーランドは、チケットを通して中に入る手前にある、プロムナードギフト右手の建物で着替えられるわ。

ガイドマップには載っていない場所だから、事前にチェックして頂戴。

男性と女性の二つに分かれているわ。

東京ディズニーシーは、男女共にパークエントランス・サウス側の、ゲストパーキングのある場所辺りでお着替えできるわよ。

ガイドマップには書かれていないから、キャストさんに聞くか、オフィシャルホームページを事前にチェックして頂戴ね。
 

ちなみに、お着替えスペースは激しく混雑するから、出来ることなら近隣ホテルを予約して、ホテルで準備を済ませて出動するのが一番気楽よ。

わたくしは混雑する土曜日に、5時間以上待った経験があるから、現地でお着替えする予定の方は頑張って頂戴。

もっとも、以前は「ディズニー・ハロウィーン」期間中でも、仮装できる日が限られていたけれども、昨年(2017年)から「ディズニー・ハロウィーン」期間全日に仮装できるようになったから、ここまで混む事はないと思うわ。

 

あと、お手洗いでのお着替えは絶対に禁止よ。

車いすマークの優先お手洗いで着替えている方がいるらしいけれど、そんな見苦しいことはやめて、ちゃんと着替えスペースに並ぶか、ホテルで準備してくるかしなさい。

ルールを守れないキャラクターもどきは、ディズニーで仮装しないで、どっかそのへんの適当なハロウィーンパーティーにでも行きなさい。

 

しつこいくらい言うけれど、初めての仮装! なアンタや、ルールがよく分かっていないアンタは、目ん玉フキフキしてホームページをよーくチェックしてから挑んで頂戴。

なんとな~くでルール違反の仮装をしちゃうと恥ずかしいめにあったり、入園を止められちゃうから、ルールを守って楽しんで頂戴。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます