全国約80の職人が銀座集結! 「手仕事直売所」は作り手と話しながら、お気に入りの逸品を探せる

松屋銀座で開催される、全国30の都道府県、約80の職人、作家、クラフトマンが銀座に集結し、作り手と直接話をしながら、お気に入りの逸品を探すことができる人気のイベント「銀座・手仕事直売所」。芸術の秋に手仕事に会いに出かけませんか。

©銀座・手仕事直売所

豊かになった私たちの生活。 自分たちの好みに合わせた食べ物、衣服、暮らしを選べる時代になりました。

毎日、たくさんのものがこの世に生まれ、消費されていく。

だからこそ、職人さんたちの丁寧な手仕事や伝統、世界に1つしかない大切なものにも注目が集まり、最近ではインターネットの世界でもハンドメイドのサイトや一点ものを販売するサイトなどが注目を集めています。

さて、みなさんも日本の手仕事のこだわりを探しに出かけてみませんか。

日本の手仕事とは

「日本の手仕事」とは、昔から日本各地でそれぞれの地域の特産品などを活かしつくられてきたもの。

美術性や意匠性などを追及し、つくる人の熟練した「技」をもって、丁寧につくられ、「工芸品」と呼ばれています。

ガラス、陶磁器、木工、糸、紙、布、漆、金工、染色、鋳物、生活道具など、日本では、たくさんの職人さんたちが何代にもわたって伝統を守り、素晴らしい作品を創り出しています。

最近では、新しい世代のデザイナーと伝統工芸がコラボレーションして、新しい価値を生み出す試みも増えていますね。

手仕事を身近に

©銀座・手仕事直売所

インターネットの世界でも日本の伝統や手仕事を身近に感じることができるサイトをご紹介します。

ニッポン手仕事図鑑

「日本の技術や文化を動画で残したい」という思いから生まれたサイト。

職人さん、そして、手仕事に丁寧に密着し、インタビューなども紹介されています。 私たちの生活を支えてくれるモノがつくられる過程や現状などを動画で知ることができます。

新しい「手仕事」を発見することができるかもしれません。

人間国宝(公益社団法人日本工芸会)

日本工芸会のサイトでは、日本伝統工芸展に出品された、人間国宝(重要無形文化財保持者)の作品、簡単なプロフィールを見ることができます。

匠の技を画像で知ることができます。

作家さんたちの作品を購入できる

最近では、ハンドメイド作家、クラフトマン、職人さんなどの作品を購入することができるサイトはたくさんありますね。

minnne」「creema」「iichi」などには、手芸好きの方から工房などで作品まで、さまざまな手仕事に出会うことができ、また購入することもできます。 手仕事がぐんと身近になりました。  

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント