イケメン3人のスチール撮影現場に潜入!

2015.9.3 14:40配信
『道玄坂綺譚』 『道玄坂綺譚』

世田谷パブリックシアターの人気シリーズ「現代能楽集」第8弾『道玄坂綺譚』が11月に上演される。この企画は、同劇場の芸術監督・野村萬斎が企画・監修を務め、古典の知恵と洗練を現代に還元し、現在の舞台創造に活かしたいという思いから生まれたもの。今回は、三島由紀夫作「近代能楽集」の中から「卒塔婆小町」「熊野」の2編を土台とし、ひとつの現代の物語として描く。作・演出はシリーズ初登場となるマキノノゾミ、出演は平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、水田航生、一路真輝ら魅力的なキャストが揃う。某日、都内で行われたスチール撮影現場に潜入した。

舞台『道玄坂綺譚』チケット情報

ノスタルジックな雰囲気が漂うセットの中で、男性キャストの平岡、眞島、水田がポーズを決めていく。明るさを抑えた照明の中で表情を作る姿は、早くも役になりきっているようだ。物語の舞台は東京の繁華街にあるネットカフェ。平岡はそこの従業員キイチと陸軍大尉・深草貴一郎という、時空を超えて“コマチ/小町(一路)”に惹かれる青年を演じる。眞島は、家出少女ユヤ(倉科)を美しい女性へと成長させるベンチャー企業社長の宗盛、水田はキイチの同僚カオルとユヤの恋人・薫をそれぞれ務める。

萬斎のラブコールに応えるかたちで作・演出を手掛けるマキノは、「“卒塔婆小町”と“熊野”というふたつの作品を行ったり来たりしながら、常に魅力的なシーンが展開される舞台になればと思っています。根っこに能や三島作品は持ちつつ、全く新しい表現で幻想的な世界観を描けたら」と意欲をみせる。

平岡は「マキノさんとは、『淋しいのはお前だけじゃない』(2011年)でご一緒して以来。あの時の世界観とは全く違う作品で、再びご一緒できます。三島作品のテイストが残りつつも、マキノさんワールドが色濃い、新しい世界観のものが誕生するのではないでしょうか。自分のやり方に凝り固まらず、自由にやりたいと思っています」とコメントを寄せた。また、眞島は「三島作品、そしてマキノ作品の世界観に入っていくことに期待しつつも、そこに自分が立っていられるか、恐怖を感じている部分もあります。僕自身、舞台経験は多くないのでどんな題材でも挑戦なんですが、今回もやりがいのある難しいテーマをいただいたと思っています。素晴らしいお芝居になるように努力したい」、水田は「古典である能楽に現代のイメージを重ねていく――どのように上演するのか、出演者としてワクワクしています。三島作品は、舞台『金閣寺』(2014年)で触れたことがあるので縁があるのかもしれません。共演の皆様とは初めての方ばかりで、今から稽古が楽しみです」と語った。

公演は11月8日(日)から21日(土)まで東京・世田谷パブリックシアターにて。チケット一般発売は9月13日(日)より開始。なお、チケットぴあではプレイガイド最速先行プレリザーブを9月5日(土)11:00まで受付中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング