法人向けSIMフリーAndroidタブレットと一体型デスクトップPC、ASUS

2015.9.3 18:25配信
「ASUS ZenPad 8.0(Z380KL)」(左)と「ASUS ZenPad 10(Z300CL)」

ASUS JAPANは、LTE対応でSIMロックフリーのAndroid搭載タブレット端末で、8インチの「ASUS ZenPad 8.0(Z380KL)」と10.1インチの「ASUS ZenPad 10(Z300CL)」の2機種と、15.6インチワイドの液晶一体型PC「All-in-One PC ET1620IUTT」を、9月4日に法人向けに発売する。価格はいずれもオープン。

タブレット端末のZenPadの2機種とも、映像テクノロジー「VisualMaster」によって、周囲の環境に合わせてコントラストとシャープネスを自動調整し、屋外でも視認性が高い。また、「DTS-HD Premium Sound」に対応し、DTS Studio SoundとDTS-HDによる5.1chの立体的で臨場感あふれるバーチャルサラウンドサウンドに変換できる。

8インチの「ASUS ZenPad 8.0(Z380KL)」は、CPUにQualcomm Snapdragon 410を採用し、10点マルチタッチ対応8インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)、1GBのメモリ、8GBのeMCPを搭載する。インターフェースは、microUSB×1、USB(pogoピン)×1、microSIMスロット×1、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロット、500万画素/200万画素のウェブカメラなどを備える。

対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1。OSはAndroid 5.0.2。このほか、5GB分の「ASUS WebStorageサービス」(永久無料版)、100GB分のGoogleドライブ(2年間無料版)が付属する。バッテリ駆動時間は、無線LAN利用時が約10.5時間、モバイル通信時が約10.25時間。サイズは幅123.0×高さ209.0×奥行き8.5mmで、重さは約350g。

10.1インチの「ASUS ZenPad 10(Z300CL)」は、CPUにインテルAtom Z3560を採用し、10点マルチタッチ対応10.1インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1280×800)、2GBのメモリ、8GBのeMMCを搭載する。インターフェースは、microUSB×1、microSIMスロット×1、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロット、500万画素/200万画素のウェブカメラなどを備える。

対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはAndroid 5.0.1。このほか、5GB分の「ASUS WebStorageサービス」(永久無料版)、100GB分のGoogleドライブ(2年間無料版)が付属する。バッテリ駆動時間は、無線LAN利用時が約9時間、モバイル通信時が約8.8時間。サイズは幅251.6×高さ172.0×奥行き7.9~8.9mmで、重さは約510g。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

「All-in-One PC ET1620IUTT」は、コンパクトなデザインで場所を選ばず設置可能なディスプレイ一体型のデスクトップPC。VESA規格のマウント取りつけに対応し、壁掛けでも設置できる。

CPUにインテルCeleron J1900を採用し、タッチパネル対応15.6インチワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768)、4GBのメモリ、500GBのHDDを搭載する。インターフェースは、USB3.0×2、USB2.0×2、HDMI出力×1、ミニD-sub15ピン×1、シリアルポート×2、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート、SDXC/SDHC/SD/MMC/メモリースティック/メモリースティック Pro対応カードリーダー、92万画素のウェブカメラなどを備える。

対応無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN。OSはWindows 7 Professional 64ビット(Windows 8.1 Pro 64ビットからのダウングレード版)で、Windows 8.1への切り替えが可能なDVDも付属する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング