【辛ウマ】「激辛グルメ祭り」に潜入! “激辛・70倍・超辛”料理食べつくしレポート(汗だく)

世界の激辛料理が新宿に大集合! 今年で3回目となる「激辛グルメ祭り」がいよいよスタートしました。というわけで、辛い物好きと辛いもの苦手の2名の実食レポートをお届けします。今年は期間を延長し9月23日まで開催。刺激が欲しい人は、ぜひ足を運んでみてください!

新宿歌舞伎町の大久保病院の裏手にある大久保公園。さまざまなグルメイベントが行われる場所としても知られています。今年3回目を迎える「激辛グルメ祭り」は、9月2日から23日まで6日間ずつの3ラウンド制で行われます(8日と16日は休み)。それぞれのラウンドで、出店するお店やメニューは異なります。

レポートに参加したのは、辛い物好きライター矢口(40代)と辛いもの苦手ライター菊池(20代)の2名。まずは初日のスタート同時に入場。平日の11時30分という時間にもかかわらず、すでに辛い物好きが集まっています。

会場入り口には食券を買うスペースがあり、ここで食べたいメニューに合わせた金額のチケットを購入します。なお食券はセブン・イレブンでも発売されており、50円引きとなってます。これはお得な情報ですね!

入り口すぐのところにある食券売り場。辛さのレベルは各店舗での注文時に選べます

公園の両サイドにお店が並び、中央にテントで覆われた飲食のスペースがあります。ソフトドリンクは自動販売機で購入でき、ビールなどを販売するブースも用意されています。ちなみに平日の15~18時はハッピーアワー、アルコール類が半額になります!

1品目 蒙古タンメン中本の「冷し辛ソーラーメン」(800円)

具もたっぷり! 汁なしタイプの冷やしラーメン。「激辛」をチョイス

最初の選んだのは、激辛ラーメンで有名な蒙古タンメン中本の「冷し辛ソーラーメン」。お店では食べられない、イベント限定のメニューです。一番の行列ができていました。辛さは一番辛い「激辛」を選択。そうめんとラーメンの中間のような細めの麺に、辛いたれがよく絡まり、辛さをダイレクトに感じられそうです。では早速実食!

辛い物好きライター矢口 「これはおいしい。冷たいから辛さもそれほどきつくない。細い麺と辛いたれが合うね!」

辛いもの苦手ライター菊池 「いや、辛いっすよ。なんすかこれ。ちょっと卵に逃げます。もうだめかも」

冷し辛ソーラーメンを思いっきり口に運ぶライター矢口。隣のライター菊池は冷ややかな視線
食べた直後のライター菊池。辛さに表情がゆがむ。早くもギブアップか!?

人気記事ランキング