ジャニーズJr.ミュージカル「少年たち」が開幕 ジェシー「緊張を楽しんでいきたい」

2015.9.5 10:00配信

 ミュージカル「少年たち 世界の夢が…戦争を知らない子供達」の公開稽古と囲み取材が4日、東京都内の日生劇場で行われ、出演者でジャニーズJr.内ユニットSixTONES(ストーンズ)のジェシー、松村北斗、京本大我、田中樹、森本慎太郎、高地優吾、同じくジャニーズJr.内ユニットSnowManの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、宮舘涼太、佐久間大介、阿部亮平らが出席した。

 ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を手掛ける本シリーズは、1965年に初演。2010年に復活し、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTらも出演したジャニーズの伝説的なミュージカル。今回はタイトルをあらため、ジャニーズJr.の二つのユニットのほか、関西ジャニーズJr.の西畑大吾、向井康二、室龍太も出演する。

 物語の舞台は刑務所。さまざまな理由でここにやってきた少年たちは、ふたつの房に分かれて収監されており、ことあるごとに衝突を繰り返していた。冷酷な看守長は暴力で少年たちを支配し、苦しめる。そんな刑務所に一人の男が入り、彼らの心が音楽によって通い始めるというストーリーが、バンド演奏、ダンスナンバーなどさまざまな音楽と共に展開される。

 出演者たちが稽古後の囲み取材に応じた。ジェシーは「皆さんに見てもらって、すごく気持ちが良かった。本番を前に緊張していますがその緊張を楽しんでお客さまに何かを感じていただけたら」、岩本は「日々進化する作品にしたい。このまま波に乗って頑張っていきたい」と興奮さめやらない様子。

 普段は先輩と共に舞台に立つことが多いが、初のメーン公演について渡辺は「普段は先輩の背中を見ながらやっていることが多いので、(前に)誰もいない景色がきれいでみんなとても興奮しています」、深澤は「先輩からいろいろなものを教わってきた。それを発揮していけたらいい作品になっていくと思う」と語った。

 劇中では対立関係にある二つのグループだが、「普段はSnowManが先輩なので教わることが多い」と高地が言えば、田中も「稽古中もいろいろと教わっています。お芝居のシーンにアドバイスをもらったり、SnowManは舞台経験も多いので」とコメント。

 リーダー的な存在はと問われると、真っ先に田中が「俺じゃないですかね?」ととぼけると松村がすかさず「樹だけはない!」と突込みを入れた。「みんな意欲的に参加しているので、それぞれがリーダーじゃないかな」と深澤が言うと「いいこと言うね」と皆が絶賛。

 また、SHOWTIMEでは、SixTONESがラップが印象的なダンスナンバー「BE CRAZY」を、SnowManがビートに乗せて数々のアクロバットを披露した新曲「ZIG ZAG LOVE」をパフォーマンスした。

 ジェシーは「新しい曲を披露できるのはうれしいこと。評価が良ければどんどん新しい曲もいただけるかもしないし全力で頑張りたい」、岩本は「よりパワーアップした作品にしたい。自分たちでやったことのない技をがむしゃらに。お客さんの前が自分たちの一番輝ける場所なので、その場で披露するために努力を積んで最高のパフォーマンスを見せたい」と目を輝かせた。

 先輩たちがステップアップしていった舞台でもあるが、岩本は「今は与えられたチャンスに全力でぶつかっていくことで、その先の未来はある。未来よりも今、全力で暴れ回りたい」と力強く語った。

 舞台は4~28日、都内、日生劇場で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング