日立マクセル、世界初の「HiFiREVERB」搭載ワイヤレススピーカー「MXSP-HF5000」、コンサートホールのような残響を実現

2012.3.23 15:13配信

日立マクセルは、NTTエレクトロニクスが開発した残響コントロール技術「HiFiREVERB(ハイファイリバーブ)」を世界で初めて搭載したワイヤレススピーカー「MXSP-HF5000」を、3月24日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイト、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

「HiFiREVERB」は、残響分離技術によって直接音と残響音を分離し、バーチャルサラウンド技術で直接音を前方から、残響音を周辺から聞こえるように再生することで、心地よい音響空間を実現する。

本体デザインには、インテリアデザイナーのみやけかずしげ氏を起用。機能美を追求したフォルムと3種類のカラーバリエーションによって、インテリアとしても上質な空間を演出する。

iPhoneや携帯オーディオプレーヤーなどの再生機器は、スピーカーとは別ユニットのコントローラと、直径3.5mmのステレオミニプラグで接続する。2.4GHz非圧縮デジタルワイヤレス伝送で、CDをしのぐサンプリング周波数でデジタル音源の魅力を損なわない高品質なサウンドを実現した。コントローラのオーディオ出力に接続したヘッドホンでも残響効果を楽しめる。残響レベルは、左右のスピーカーユニットの間隔や室内の音響効果、再生する音源に合わせて15段階で調整できる。

手元に再生機器を置いたままでスピーカーを操作できるので、iPhoneで音楽を聴いているときにメールを受信しても、すぐに返信できる。

スピーカーの最大出力は15W+15W。コントローラは、付属するACアダプタか単3形乾電池×4本を使用する。スピーカー側の電源は付属のACアダプタ。サイズは、コントローラが幅157×高さ28×奥行き78mmで、重さが約140g。スピーカーは幅417×高さ148×奥行き180mmで、重さが約2.1kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング