古典的テクですが、好きな男性に物理的に接近する方法のスキンシップは効きます。女性に触れられて何も感じない男性はいません。

スキンシップは「大好き!」という意味です。当然ですが、嫌いな人には触りませんし好きな人には触りたいですよね。

今回は、「男性がめちゃ意識してしまうスキンシップ」とはどんなものなのか、解説していきたいと思います。

スキンシップの役割

1.相手に近づく

スキンシップすることによって、彼に近づくことができてもっと親密になれます。彼がいやがってなさそうなら「これ以上近づいてもいい」というサインです。

2.親密さのチェック

二人の距離は「彼が驚かないかどうか」で分かります。カジュアルな感じでスキンシップできるか、スキンシップを避けないか。びっくりしないかチェックしてみましょう。

彼がびっくりして後ずさったりすれば「まだまだ親密ではない」ということです。スキンシップしたあとにタメ口になったり、彼があなたと近い距離にいれば効いているでしょう。

3.女性慣れしているかわかる

こちらがスキンシップしたとき、スキンシップで返す男性は手慣れています。これは「この子はOKなんだな、イケるな」とみなして積極的になったともいえますね。

スキンシップの順番

スキンシップには順番があるのでいきなりタッチしないこと。上半身の身体の中心部から遠いところから短時間で、が基本です。

当たり前ですが、いつまでも触れていないようにしましょう。いやらしくなるので撫でたりサワサワしたりしないこと。

恋に効くスキンシップ

腕や手をさわる

手よりも腕のほうが無難です。何か話しかけるたびに、たとえば「これ、いいですか」と腕を軽く指でトントンとします。

手を握るより腕をつかんだほうがインパクトはないでしょう。手をさわったり握るのは、腕をクリアしてからがいいかもしれません。

肩に触れる

相手の肩をトントンとタッチします。肩は腕と同じくらいのハードルの低さなので、大丈夫でしょう。

タッチは「最初は短くポン」から。親密になれば、そっと手をおいたまま時間を置いて。

時間が長ければ長いほど効き目はアップするように思えます。ですから、さりげなく手を置くことができたらいいですね。

手を見る

「手相を見る」「手の大きさを比べる」と理由をつけて握ったり、触れ続けます。短時間のタッチで回数は多めに。

このほかに、彼のパーソナルスペースに入るのもいい方法です。「びっくりしたときに、彼の胸元に一瞬顔を寄せる」などのテクです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます