キングジム、電子メモパッド「Boogie Board」の新モデル、リラックマモデルも

2015.9.7 14:28配信
Boogie Board JOT(BB-7)

キングジムは、米Kent Displaysの電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」の新製品として、「Boogie Board JOT」(BB-7)と、「リラックマ ブギーボード」(BB-1RK)を10月16日に発売する。

「Boogie Board JOT」「リラックマ ブギーボード」ともに、紙を使用せず、本体上部の「erase」ボタンを押すだけで書いた内容を消去できる。筆圧によって線の太さが変わり、指先で書き込むこともできる。本体は薄型・軽量かつコンパクトなので、手軽に持ち運べる。

「Boogie Board JOT」(BB-7)は、従来機種と比較して液晶コントラスト比を50%向上した8.5インチディスプレイを搭載し、より画面を見やすくした。

本体にはマグネットを内蔵しているので、デスクや冷蔵庫などの金属面に貼りつけて使用可能で、本体下部のスタイラスホルダーにスタイラスを差し込めば、スタンドとして使える。

電源はCR2016コイン型リチウム電池×1個で、消去回数は約3万回。サイズは幅146.0×高さ227.0×奥行き4.4mmで、重さは約110g。カラーは、ピンク、ブルー、ブラックの3色。税別価格は6500円。

「リラックマ ブギーボード」は、8.5インチディスプレイを搭載するとともに、「ブギーボードシリーズ」では初めてキャラクターデザインを採用し、本体上部に「リラックマ」の顔をあしらった。

なぞるだけで「リラックマ」の絵が描ける「おえかきシート」が3枚付属し、シートに描かれた「リラックマ」のイラストをトレースできる。また、本体を金属面に貼りつけて使えるマグネットシートも付属する。

電池交換には非対応で、消去回数は約5万回。サイズは幅141.0×高さ222.0×奥行き3.2mmで、重さは約115.8g。税別価格は6500円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング