ハーマン、Bluetoothスピーカーやワイヤレススピーカーシステムなど

2015.9.7 17:44配信
左から「ESQUIRE 2」「ESQUIRE MINI」「OMNI 20、OMNI 10、ADAPT」

ハーマンインターナショナルは、「Harman Kardon」ブランドから、Bluetoothスピーカー「ESQUIRE 2」と、「ESQUIRE MINI」の新色、ワイヤレススピーカーシステム「OMNI 20」「OMNI 10」、ワイヤレスオーディオアダプタ「ADAPT」を9月19日に発売する。価格はいずれもオープン。

「ESQUIRE 2」は、本体4隅にマイクを搭載し、全方向の音をクリアに抽出するとともに、独自のエコー&ノイズキャンセレーション技術「VoiceLogic」によって、複数人での電話会議でも高品質なハンズフリー通話が可能なBluetooth 4.1対応ポータブルスピーカー。

本体には、表面にアルミ研磨仕上げを施し、裏面は本皮仕様のプレミアムデザインを採用し、8インチのタブレット端末と同程度のサイズで薄型なので、手軽に持ち歩ける。また、本体バッテリからスマートフォンのバッテリを充電できる。

最大出力は8W×2。対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。バッテリ駆動時間は約8時間で、充電時間は約5.5時間。サイズは幅190×高さ130×奥行き34mmで、重さは599g。カラーは、ブラック、ゴールド、グレーの3色。公式オンラインショップでの税別価格は2万5880円。

「ESQUIRE MINI」は、「VoiceLogic」で高品質なハンズフリー通話が可能な、Bluetooth 3.0対応ポータブルスピーカー。すでに発売済みのブラック、ホワイトに加えて、ブルー、グレー、レッドの3色を新たに追加した。

最大出力は4W×2。対応BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HFP。バッテリ駆動時間は約8時間で、充電時間は約5時間。サイズは幅140×高さ76×奥行き24mmで、重さは238g。公式オンラインショップでの税別価格は1万5880円。

「OMNI 20」と「OMNI 10」は、パッシブラジエーターと独自のDSP技術で、クリアかつ重厚な音質を実現したワイヤレススピーカーシステム。

Bluetooth 3.0と無線LANに対応し、2台以上の本体と接続でき、複数の部屋での同じ楽曲の同時再生も楽しめる。本体上部の「ストリームボタン」を使えば、ボタンを押すだけで他の本体との無線LAN接続が可能で、専用アプリ「Harman Kardon Controller」を使用してスマートフォン/タブレットから音源管理や再生操作ができる。対応BluetoothプロファイルはA2DP。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

「OMNI 20」は、75mm径ウーファーと19mm径ツイーターを搭載し、最大出力15Wの4アンプ構成によって、部屋全体で立体感のあるサウンドを楽しめる。最大出力は15W×4。公式オンラインショップでの税別価格は3万7880円。

「OMNI 10」は、コンパクトながら90mm径ウーファーと35mm径ツイーターによる、迫力あるパワフルなサウンドを実現した。最大出力は25W。公式オンラインショップでの税別価格は2万5880円。

「ADAPT」は、他のオーディオ機器とアナログ接続することで、Bluetooth非搭載オーディオ機器によるワイヤレスリスニングを可能にするワイヤレスオーディオアダプタ。

Bluetooth 3.0と無線LANの両方に対応しており、アナログ入力端子も備えているので、テレビやコンポなどの音声を無線LAN経由で出力できる。対応BluetoothプロファイルはA2DP。

本体上部の「ストリームボタン」を使えば、ボタンを押すだけで他の本体との無線LAN接続が可能で、専用アプリ「Harman Kardon Controller」によるスマートフォン/タブレットからの音源管理や再生操作に対応する。公式オンラインショップでの税別価格は1万6880円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング