勘九郎&七之助「父も喜んでいると思います」 赤坂大歌舞伎が開幕

2015.9.7 19:5配信
(前列左から)片岡亀蔵、中村七之助、中村勘九郎、坂東彌十郎、(後列左から)中村鶴松、坂東新悟、中村国生

 「赤坂大歌舞伎」の初日公演前囲み取材が7日、東京都内の赤坂ACTシアターで行われ、中村勘九郎、中村七之助、坂東新悟、中村国生、中村鶴松、片岡亀蔵、坂東彌十郎が出席した。

 2008年9月に十八世中村勘三郎の「芸能の街・赤坂で歌舞伎を!」の一言で始まった本公演は、13年には勘三郎の遺志を継ぎ、勘九郎と七之助兄弟を中心に開かれた。4回目となる今年は勘九郎が舞踊「操り三番叟」、七之助が主要人物の七役を演じる「於染久松色読販 お染の七役」を披露する。

 勘九郎は「稽古でやれることはすべてやりました。あとはお客さまに見てもらうだけ。初めて歌舞伎をご覧になるお客さまもたくさんいらっしゃると思いますが、とてもアクティブでコミカルな演目なので楽しんでもらえると思います」とアピールした。

 七之助は「うちの父が残してくれた財産の一つなので、父の魂を受け継いで一生懸命やりたい。今日の初日は7日ですが“7”のつく日は特別サービス。(この場にいるのも7人と)トリプルセブンで縁起がいいので、どんどん大当たりにしていきたい」と意気込みを語った。

 また、勘九郎は「ACTシアターで(本公演の前に)劇団☆新感線が35周年で公演をやっていてロックが流れていたんです。その次に三味線が流れることを父も喜んでいると思います。ずっとそういうところでやりたいと言っていたので」と感慨深げに語った。

 舞台は都内、赤坂ACTシアターで25日まで上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング