リコー、全天球カメラの上位機種、新開発レンズや新型イメージセンサ搭載

2015.9.7 19:11配信
RICOH THETA S

リコーとリコーイメージングは、撮影者を取り囲む全天球イメージをワンショットで撮影できる画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー・シータ)」の上位機種として、高精細な静止画や高品質な動画撮影、ライブビュー機能などを備えた「RICOH THETA S」を10月下旬に発売する。価格はオープンで、直販サイトの税込価格は4万2800円。

「RICOH THETA」の製品コンセプトである小型・軽量さはそのままに、新開発した開放F値2.0の大口径小型二眼屈曲光学系と、大型化したイメージセンサによって、出力画素で約1400万画素相当の高精細全天球画像を実現した。最新の画像処理技術を採用することで、暗所での画質を向上し、長時間撮影(バルブ撮影)との組み合わせによって、夜景でもノイズを抑えた全天球撮影を楽しめる。また、スマートフォンと無線LAN接続して、撮影や各種設定ができる。

撮影した全天球イメージは、専用サイトのtheta360.comにアップロードすることで、FacebookやTwitter、TumblrなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で共有可能で、GoogleマップやGoogle+、YouTubeの「360°チャンネル」への投稿にも対応する。

全天球動画撮影機能は、フルHD相当で30fpsの滑らかな撮影を実現しており、最大25分間(合成後)の撮影ができ、専用アプリ「RICOH THETA S」の動画変換ツールによって、スマートフォン/タブレット上でつなぎ目のない全天球動画をつくれる。作成した全天球動画は、静止画と同様に指先でサイズや形、構図を変えられ、theta360.com経由でのSNSにおける共有にも対応する。

無線LAN経由でスマートフォン/タブレット端末と接続した場合は、静止画撮影時のみライブビュー表示が可能で、各種設定の適用結果を画面で確認しながら撮影できる。なお、表示方法は全天球表示とパノラマ表示から選べる。

本体には、8GBのメモリを搭載するとともに、高級感とグリップ性能を高めるラバー塗装を施した。また、設定状況がわかるモード表示用LEDや、静止画/動画切り替えボタンを備える。サイズは幅44.0×高さ130.0×奥行き22.9mmで、重さは約125g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング