「シソ餃子」(5個430円)

餃子嫌いはまずいないだろう。これほど広く愛されている肉料理はないといっても過言ではない。もはや国民食である。

その餃子にもいろいろな種類がある。ときに「野菜しかはいっていないんじゃないの?」と思いたくなる餃子と遭遇することもある。

でも、今回は太鼓判を押させていただく。うまい肉を愛する読者に、すすめたい餃子を食べてきた。

「これほど肉肉しい餃子があっただろうか」というぐらい肉がつまった餃子と出会った。中野餃子「やまよし」である。

この肉肉しさ、すごい! まずは「にく」と「シソ」を実食

まずは「にく餃子」(5個430円)をご覧あれ。

肉は超粗挽きの豚肉。

「にく餃子」(5個430円)

「肉を味わってもらおうと思い、この餃子を考えました」と、ご主人の矢部淳さんは説明する。

あまりにも肉肉しいしいので、やや大ぶりに切ったレンコンを使うことで食感を演出。その他、香味野菜のネギとショウガを配合。

「にく餃子」(5個430円)

プリプリした肉の食感。ときにシャキシャキとしたレンコン。肉とレンコンのハーモニーに酔いしれる。THE肉餃子と呼ぶべき餃子であった。

醤油もラー油もなにもいらない。まずはそのままかじるに限る。

つぎに頼んだのは、「シソ餃子」(5個430円)。「にく餃子」とは、まったく異なる味わいと食感であった。

「シソ餃子」(5個430円)

鶏もも肉と胸肉の粗挽き。そのほか、シソ、タマネギ、生姜も使っている。鶏肉特有の、つるんとした、なめらかな食感とさっぱり味が口の中に広がっていく。

「シソ餃子」(5個430円)

「『にく餃子』が肉肉しいので、さっぱり味の餃子を作りました」

あちこちで餃子を食べてきたが、鶏肉の餃子ははじめて。「にく餃子」にはじまり、2品目は「シソ餃子」がいいかも。

「うまい肉」更新情報が受け取れます