フォトシンス、スマートロックがハンズフリー解錠とスマートウォッチに対応

2015.9.8 12:49配信
ハンズフリー解錠の利用イメージ

フォトシンスは9月7日、世界初の後付け型スマートロック「Akerun(アケルン)」にハンズフリー解錠とスマートウォッチ対応機能を追加するとともに、AndroidおよびAndroid Wear向けの専用アプリを公開した。iPhone版およびApple Watch版アプリは10月中に公開する。

ハンズフリー解錠は、ドアの数メートル手前まで近づいただけで、スマートフォンを取り出すことなく、自動的に解錠できる。解錠と同時にスマートフォンへのプッシュ通知を行うので、知らない間に解錠される心配がない。なお、「Akerun」はオートロック機能を備えているので、ハンズフリー解錠後は自動的に施錠する。

ほかにも、GPSを利用した「ジオフェンス」(仮想的な地理的境界線)によって、ドアの施錠後はその地点を中心に半径100m地点より遠くに移動するまで、ハンズフリー機能を起動しないように設定可能なので、施錠後にドアに近づいた場合に、意図せず解錠される心配がない。

スマートウォッチへの対応では、スマートフォンとBLE接続したスマートウォッチがドアに近づくと、スマートウォッチに通知が届き、アプリ画面をタッチすることで解錠できる。複数のドアに設置した「Akerun」を、1台のスマートフォンで管理している場合は、部屋ごとにスマートウォッチとの連携の可否が選べる。

「Akerun」は、スマートフォンアプリでカギの解錠/施錠可能で、ゲストとの権限の共有にも対応したサービス。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング