倉科カナ、現代版三島由紀夫舞台出演 「愛人にはならないので、すみません」

2015.9.9 14:25配信
(左から)一路真輝、平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和

 演劇公演「現代能楽集VIII『道玄坂綺譚』-三島由紀夫作 近代能楽集『卒塔婆小町』『熊野』より-」の制作発表会が9日、東京都内で行われ、作・演出を手掛けるマキノノゾミ、企画・監修を手掛ける野村萬斎と出演者の平岡祐太、倉科カナ、眞島秀和、水田航生、根岸拓哉、一路真輝が出席した。

 世田谷パブリックシアターの芸術監督を務める野村が、古典の知恵と洗練を現代に還元すべく立ち上げた「現代能楽集」のシリーズ第8弾となるこの作品は、マキノが三島の「卒塔婆小町」「熊野」を土台として現代のネットカフェを舞台に一つの物語に融合させて描く現代劇。

 野村は「三島作品をもとに新たな創作をしてくださるマキノさんに非常に期待できますし、キャストもまさしく輝いて生きている方々。三島を超える平成の現代能楽集になればいいと、大船に乗ったつもりでお任せしたい」と期待を寄せた。

 キャスト陣は、それぞれ現代と幻想の中での二役を演じる。平岡は「最初にお話をいただいたときはあまりに想像ができなくて、生意気ながら自分にこれができるのかと迷った記憶があります」と振り返り、「詳しくお話を聞いていくうちに、能をやるわけではないと分かってすごく安心しました。マキノさんの現代に生まれ変わった新しい作品を、ここにいる皆さんと作り上げて届けられたらと思います」と意気込んだ。

 倉科も、野村の言葉を用いて「『大変身、ありえねー!』と確かに思ったのですが、二つの物語が入り乱れてどういう風に表現していくのか、とても楽しみです」と語った。また、マキノから「大会社の社長に愛人として引き取られた家出少女が、ネットやスマホを使わず10年経ったらどうなるかも描きたい」と演じる役柄の構想を明かされ、「もし愛人になるなら?」と質問されたが、「愛人にはならないので、すみません」と即答した。

 舞台は東京・世田谷パブリックシアターにて11月8日~21日に上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング