【iPhone 6s/6s Plus】今回は“買い”? 変更点&新機能をわかりやすくまとめてみた

2015.9.10 18:10

アップルの新製品発表会で発表された、新型iPhone。今回発表されたのは、4.7インチのiPhone 6sと、5.5インチのiPhone 6s Plus。前モデルに比べて、どこが変わったのでしょうか? ポイントを分かりやすく紹介します。

9月10日午前2時より開催された、アップルの新製品発表会。
12.9インチの大型iPad Proや、Apple Watchの新色&エルメスバージョンの登場、ゲームも楽しめる新Apple TVと、さまざまな新製品が発表されました。

そのなかでも注目度が高かったのが、新型iPhone。今回発表されたのは、4.7インチのiPhone 6sと、5.5インチのiPhone 6s Plus。

前モデルに比べて、どこが変わったのでしょうか?

画面サイズ・容量は据え置き

画面サイズは、iPhone 6sが4.7インチ、iPhone 6s Plusが5.5インチと、前モデルと変わりません。また、前モデルは16GB、64GB、128GBという容量でしたが、iPhone 6/6s Plusでも同じ容量となっています。写真や動画をよく撮る人や、音楽を保存したいという人は、64GBか128GBがおすすめ。なるべく安くiPhone 6s/6s Plusを手に入れたいという人は、16GBを選択するといいでしょう。

カラーバリエーションに新色追加

かねてから噂されていたカラーバリエーションの追加。シルバー、ゴールド、スペースグレイに加え、新色ローズゴールドが登場しました。このローズゴールド、とても女性に人気が高そう。ゴールドと並んで、人気色になりそうです。 Apple Watch sportにもゴールドアルミニウムケースとローズゴールドアルミニウムケースが追加されたので、ローズゴールドのiPhoneとApple Watchでコーディネートをすれば、オシャレ度がかなりアップすること間違いありません。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング