ホウ・シャオシェン、8年ぶりの新作を語る

2015.9.10 16:25配信
『黒衣の刺客』を手がけたホウ・シャオシェン監督(C)2015光點影業股分有限公司 銀都機構有限公司 中影國際股分有限公司

ヴェネチア映画祭金獅子賞(グランプリ)に輝いた『悲情城市』などで知られ、世界的な名声を得ている台湾の巨匠、ホウ・シャオシェン監督。2007年に発表した『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』から待つこと実に8年、同監督から久々の新作映画が届けられた。

その他の画像

まず、前作から随分と間があいたことについて聞くと、苦笑まじりにシャオシェン監督はこう明かした。「私自身も8年も新作を撮らないことになるとは思っていませんでした(笑)。映画祭のディレクターや映画賞の審査員など断れない仕事が続き、なかなか作品作りに集中する時間がとれなくて。気づいたらこんなに時間が経っていたというのが間の空いた理由です」

今回の『黒衣の刺客』は自身初となる時代劇アクション。この挑戦は以前から考えていたという。「小さいころから武侠映画が好きでよく観ていました。また、藤沢周平など日本の時代小説も好き。そういうこともあって、ずっと思っていたんです。“いつか自分も武任映画というアクションに挑戦できたら”と」

物語は8世紀後半の唐の時代が舞台。ある過酷な任務を命じられた暗殺者・インニャンの孤独な戦いと苦悩と葛藤が静謐なタッチで描かれる。注目のアクションもまたしかり。静寂の中で刀の振る音だけが響くような研ぎ澄まされたアクション演出に仕上げられている「派手なワイヤーアクションを使ったりするのはちょっと僕の好みではない。それで今回の映画では日本の時代劇の斬り合うリアルさを取り入れています」

その手腕はまたも世界で高く評価されカンヌ映画祭では最優秀監督賞に輝いた。「私の新たな挑戦がどう受け止められるのかわかりませんでした。ですから、この受賞は素直にうれしかったです」

主演を務めたのはスー・チー。彼女を主演に迎えるのは3度目になる。「私は映画において何よりも役者が大事だと思っている。スー・チーは何度でも組んでみたいと思わせる女優。今回もインニャンの役そのものになってくれました」

また、日本の妻夫木聡と忽那汐里も出演している。「ふたりとも大きな可能性を秘めた役者です。特に忽那はまだ若いのに今回の映画でもすばらしい演技を見せてくれました。今後の成長をすごく期待しています」

近年はプロデュースを手掛けるなど、若手育成にも力を入れているホウ監督。60代後半を迎え、今後についてこう語る。「できれば自分の作品作りに専念したいというのが本音。でも、映画界の発展させるためにも自分が次の世代にできることはしないといけない年齢だから、そこは避けられない。その中で極力、自作に力を注ぎたいと思っています」

『黒衣の刺客』
9月12日(土)より全国ロードショー

取材・文・写真:水上賢治

いま人気の動画

     

人気記事ランキング