深津絵里、カンヌ映画祭で居眠り 「時差ボケで…」

2015.9.10 20:16配信
(左から)黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信。受賞を記念して特製のレッドカーペットケーキも用意された

 映画『岸辺の旅』日本凱旋披露試写会が10日、東京都内で行われ、出演者の深津絵里、浅野忠信と黒沢清監督が出席した。

 第68回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で日本人初の監督賞を受賞したこの作品は、愛する人との永遠の別れを描く究極のラブストーリー。3人がそろい踏みするのはカンヌ国際映画祭以来4カ月ぶりで、深津は「やっとこうして喜びを分かち合えるのがうれしいです。おめでとうございます」と黒沢監督を祝福した。

 三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』で共演経験のある2人だが、今作では初の夫婦を演じた。浅野は30代のころからじっくりと“夫婦”を演じることに興味があったそうで、「深津さんとご一緒にできたらと思っていたら、この作品で夢がかなった。黒沢監督には『アカルイミライ』以来12年ぶりに呼んでいただけて、一番いい形で僕の夢が実現しました」と喜びをあふれさせた。

 深津も浅野との共演時から「素晴らしい俳優さんだと思っていて、またいつかご一緒したい、きっとするだろうとずっと心に引っかかっていました」と運命的なものを感じていたといい、「浅野さんとは温度というか波長というか、似ているところがあると勝手に思っていて。自分と似ている方と(夫婦として)ご一緒するのは安心だし、楽しかったです」と充実した撮影になった様子。

 また、深津はカンヌ初体験ながらあまりにリラックスしたのか、「レッドカーペットが渋滞しているとのことで、私と浅野さんも車の中で15分くらい待ったんです。ちょうど時差ボケで一番眠たい時間帯で、2人でうとうと寝てしまった」と明かし、浅野とそろって苦笑いを浮かべた。監督は2人が寝ていたのを知らなかったようで、強心臓ぶりに驚きながらも「取材が立て込んでいて、取材と取材の合間に深津さんがハイヒールを脱いで走っていった。この人はすごいと思いました」と振り返っていた。

 映画は10月1日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング