カンヌで監督賞に輝いた黒沢清監督、感謝の意

2015.9.10 20:25配信
(左から)黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信

第68回カンヌ国際映画祭“ある視点”部門で監督賞を受賞した『岸辺の旅』の“日本凱旋”披露試写会が9月10日に都内で行われ、黒沢清監督をはじめ、夫婦役でW主演する深津絵里と浅野忠信が出席。カンヌで日本人初の監督賞受賞を果たした黒沢監督は、「あくまで作品全体に与えられた賞。こちらこそありがとうございます」とキャスト陣に感謝を述べた。

その他の写真

湯本香樹実による同名小説を原作に、3年間の失踪を経て、突然「俺、死んだよ」と告げに帰ってきた夫(浅野)とその妻(深津)がわずかな時間、旅に出かける姿を描く。この日は、深津と浅野はカンヌで授与された賞状と初対面し、「やっと喜びが分かち合える。実物を見るとジーンときますね、神秘的で美しい死生観を日本の皆さんにも感じてもらえれば」(深津)、「本当におめでとうございます。(賞状は)とても貴重なものですね」(浅野)と感無量の面持ちだった。

夫婦役について、深津が「以前共演させていただいてから、またいつかご一緒すると思っていた。温度や波長が似ているので、夫婦役も心強く楽しかった」と振り返れば、浅野も「40代になったら、じっくり夫婦を演じてみたいと思っていたし、その相手が深津さんならいいなと思っていたので、こういう形で夢が実現してうれしい。深津さんには甘えていいんじゃないかという居心地の良さを感じていた」と明かし、相思相愛ぶりを披露した。

黒沢監督は「ふたりに共通点があるとすれば、あくまで“映画の人”であり、どこにでもいるような雰囲気と、まるで神話の登場人物のような二面性を持っている点」だと説明し、「決して、砂漠で冒険したりはしませんが(笑)、想像のはるか先を行く“魂の旅”を見守ってもらえれば」とアピールした。

『岸辺の旅』
10月1日(木)テアトル新宿ほか公開

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング