英国ロイヤル・オペラ来日 新旧2作の完成度に自信

2015.9.11 18:40配信
「英国ロイヤル・オペラ」 記者会見の模様 「英国ロイヤル・オペラ」 記者会見の模様

『マクベス』と『ドン・ジョヴァンニ』を携え「英国ロイヤル・オペラ」の5年ぶり5度目の来日が実現。開幕を前に9月11日(金)に記者会見が開催され、支配人のアレックス・ベアード、音楽監督のアントニオ・パッパーノ、『ドン・ジョヴァンニ』の演出を務めるオペラ・ディレクターのカスパー・ホルテン、キャスト陣では『マクベス』からサイモン・キーンリサイドにリュドミラ・モナスティルスカ、『ドン・ジョヴァンニ』からイルデブランド・ダルカンジェロ、ジョイス・ディドナート、ローランド・ヴィラゾンが出席した。

【チケット情報はこちら】

両作品で指揮棒を振るパッパーノは「5年前がまるで昨日のようです」と再来日の喜びを語る。同カンパニーにとって歴史ある『マクベス』と新たに作りあげた『ドン・ジョヴァンニ』という2作を上演することに「大きな挑戦であり、いずれもミステリー、死者の再来というスーパーナチュラルな要素が描き出されます。才能あふれる音楽家が顔を揃えており、この仲間たち、劇場からエネルギーをもらっています」と意気込みを語った。

ダルカンジェロは「さっき起きたばかりで、コーヒーなしでうまく話せるかな…?でも日本で寿司が食べられて嬉しいよ」とユーモアたっぷりに挨拶。自らが演じるドン・ジョヴァンニについて「ホルテンのアイディアを具現化するのが自分の課題ですが、簡単ではありません。過去に演じてきたドン・ジョヴァンニを打ち壊し、新たな役作りをしなくてはなりません。今回、特に“マエストロ”パッパーノの指揮で、素晴らしい劇場で歌えることを幸せに思います」と笑顔で語った。

マクベス役のキーンリサイドは黒澤明が『マクベス』を原案に作った「蜘蛛巣城」を10代で見て深い感銘を受けたと明かし「今回、日本のみなさまの趣向に合った『マクベス』をお見せできると思います」と自信をのぞかせる。マクベス、さらにはドン・ジョヴァンニにも共通する要素としてキーンリサイドは「己の確立」を挙げ「神が決めた運命ではなく、自らの力で運命を切り拓こうとした人間を表現できれば」と力強く語った。

パッパーノの指揮の下、英国、イタリア、メキシコ、ロシアなど国境を越えて集った歌手たちが響かせる歌声、プロジェクションマッピングなどの最新技術を取り入れた演出など期待が高まる。

『マクベス』は9月12日(土)より東京・東京文化会館にて、『ドン・ジョヴァンニ』は9月13日(日)より東京・NHKホールにて開幕。

撮影・文:黒豆直樹

いま人気の動画

     

人気記事ランキング