【文房具】超合理的!ダイヤル回転式テープディスペンサー

普通のテープ・ディスペンサーとはひと味違う、簡単かつ「超」合理的な「ウィンドミル テープ・ディスペンサー」のスゴさに迫ります。

私はひごろ「信頼文具舗」というオンラインショップを運営しているのですが、本日はウチの商品の中からひとつ、お出ししてみたいと思います。

本題に入る前に、皆さんマジシャンのマギー司郎さんをご存じですか。「おっきな耳」のマギー審司さんの師匠です。そのマギー司郎さんがマジックの冒頭で言うお馴染みのフレーズがあります。「この手品、(近所とかの)××さんに好評だったネタでね。」というやつ。この切り出しかた、子供の頃の私には結構衝撃的でした。テレビ放送でご近所ネタ。その落差にびっくりしたわけです。今回の製品はまさにそのフレーズから始めたい気持ち。「ウィンドミル・テープディスペンサー」です。

「テープディスペンサー」とはセロハンテープの台のことです。通常皆さんが見慣れているテープ・ディスペンサーはこのようなものだと思います。

皆さんが見慣れている、「普通」のテープ・ディスペンサー
拡大画像表示
 

いっぽう「ウィンドミル・テープディスペンサー」は通常のものよりもだいぶカタチが違います。

「ウィンドミル テープ・ディスペンサー」
拡大画像表示
 

大きくて、どうにも武骨なスタイル。無塗装の樹脂パーツは各所の仕上げもいまひとつ。お世辞にもカッコいいとは言えません。しかも本体両側にはペンスタンドとカードスタンド(?)がこれまた無造作にセットされています。

と、一見イケていない製品なのになぜ、製品の採否にうるさい信頼文具舗が扱っているのか。それはまさに「ウチの近所の食料品店のご主人に好評」だったから。

テープをセットした様子。写真手前側の大きなローターにカット済みのテープが繰り出されてくる
拡大画像表示
 

機能をご説明しましょう。ウィンドミルの特徴は、セロハンテープを一定の長さにカットしてくれることです。それも面倒な操作は一切不要。ユーザーは本体手前側に配された大きなダイヤルを回すだけ。本体内部に4枚の回転する刃があり、その上を通過するセロハンテープに刃を順次押し付けて均等な長さに裁断してゆきます。テープの長さは38mm。長すぎず短すぎず、丁度よい頃合い。

そしてそのテープはこれまた巨大なローターに乗って出てきます。1枚ずつテープがペロリと繰り出されるのではなく、最大3枚までのテープがローター上で「待機」してくれるので、一度に3枚のテープが必要ならばダイヤルを多めに回せばよいことになります。

大型のダイヤルを回すだけの簡単操作。とても合理的 
拡大画像表示

いま人気の動画

     

人気記事ランキング