江口洋介「本木さんとなら“絶対にうまくいく”」 本木雅弘「江口さんは自分には一生出せないテイストの持ち主」

2015.9.12 14:58配信
握手を交わした江口洋介(左)と本木雅弘

 映画『天空の蜂』の初日舞台あいさつが12日、東京都内で行われ、出演者の江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、堤幸彦監督ほかが出席した。

 本作は、最新鋭にして日本最大のヘリコプター「ビッグB」を乗っ取り、原子力発電所の真上に静止させるというテロ事件を背景に、その危機に立ち向かう人々と犯人との8時間の攻防を描いたサスペンス巨編。

 巨大ヘリコプターの設計士・湯原を演じた江口と、原発の設計士・三島を演じた本木はこれが初共演となった。江口は本木について「同じ時代を生きてきたといいますか…。今回が初めてだったけど、本当に初めてという感じがしなかった」と語った。

 また「企画の段階で本木さんの名前が挙がっていた時に“これは絶対うまくいくな”という確信のようなものが持てた」といい「現場でも毎日毎日かなり刺激的な芝居バトルを繰り広げてとても楽しかった」と明かした。

 一方、本木も「劇中では、江口さん演じる湯原が“陽”、僕が演じた三島が“陰”というような組み合わせだったけど、現実の江口さんは私が思い描いていた以上にとても繊細な方だった」と印象を語った。

 また「三島はエキセントリックな部分もあるので、味付けしやすかったけど、湯原をリアルに演じるというのはすごく難しかったはず」と江口を思いやり、「大河の時の織田信長も良かったですけど、一見乱暴なようで包容力があるという男の情みたいなのは、本当に江口さんにしか出せない、自分には一生出せないテイストだと思っている」と語った。

 そして「自分で言うのも変だけど、初めての割にはいい化学反応だったのではと思う」と振り返った本木に、江口は「ありがとうございます」と手を差し出し、固い握手を交わした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング