ディズニー・オン・クラシックはスター・ウォーズも

2015.9.14 14:00配信
『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2015』ゲネプロより (C)Disney 撮影:中川實穗 『ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2015』ゲネプロより (C)Disney 撮影:中川實穗

ディズニーの名曲を、フルオーケストラの演奏とヴォーカリストの歌声で届ける「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」が、9月11日に東京・文京シビックホールにて開幕。前日の10日に同会場で公開リハーサルが開催された。

【チケット情報はこちら】

2002年から毎年開催されている同公演。今年は“I Love You ~きせきの言葉”をテーマとし、第一部では東京ディズニーリゾートやディズニー映画の名曲を、第二部では『美女と野獣』の楽曲を演奏する。指揮をするのはブラッド・ケリー。「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」の第1回よりタクトをとり、楽曲のアレンジも手掛けるエキスパートだ。そして演奏は、この春新しく設立されたばかりのオーケストラ・THE ORCHESTRA JAPAN(オーケストラ・ジャパン)。国内外より集まったトップクラスの演奏家で構成されている。さらに、7月に台湾とシンガポールで開催されたディズニー・オン・クラシック海外公演「Disney on CLASSIC ~ASIA TOUR 2015」で『リトル・マーメイド』アリエル役を好演したケイラ・ロイをはじめ、ニューヨークのブロードウェイなどで活躍するヴォーカリストたちが台詞や歌で参加。照明、映像、特殊効果も加わり、ディズニーならではのファンタジックなステージを作り上げる。

第一部で演奏されるのは、7月にリニューアルしたばかりの夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」で流れる最新バージョンのパレード音楽をはじめ、月刊誌『ディズニーファン』(講談社)が行った「好きなディズニー曲」人気投票により選ばれた曲など、パークや映画の人気曲ばかり。中でも注目は、映画『スター・ウォーズ』の楽曲。歴代の名曲を集めた組曲となっており、オーケストラの生演奏と光の演出に心奪われる。第二部でメインとなるのは名作『美女と野獣』。全20曲の生演奏にヴォーカリストたちの歌と演技を乗せ、今年のテーマでもある“愛”の物語が繰り広げられる。目で耳で作品の世界に引き込まれていく。

公開リハーサル後、エクゼクティブ・プロデューサーであるハーモニージャパンの日下部勝徳は、「この企画は、2002年の3公演から始まり、ひとえに関係者の皆様、多くのファンの方々に温かく見守られてこれまで続けてこられました。今年は34都市60公演という過去最高の回数となり、キャパシティは約13万人になりました。今年は“愛”というテーマを掲げています。1公演1公演を誠実に大切に、ピュアな自分に戻って帰れるようなコンサートを実現したいと思っています。ぜひ応援してください」と挨拶した。

9月11日(金)から12月26日(土)まで、全国34都市で60公演を開催。クリスマスなどには特別プログラムも用意されている。

取材・文:中川實穗

いま人気の動画

     

人気記事ランキング