小津安二郎がつなぐ30年来の友情

2015.9.14 15:14配信
PFF講座シリーズに登壇した周防正行監督

第37回PFF(ぴあフィルムフェスティバル)が開催中の東京国立近代美術館フィルムセンターで9月13日、美術監督の種田陽平氏と周防正行監督がPFF講座シリーズ『映画のコツ 21世紀から観る小津安二郎の映画と空間』と題したトークイベントを行った。

その他の画像

この日、上映されたのは小津監督が唯一東宝に招かれ、オール東宝スタッフで撮ったアグファカラーの美しいオールスター映画『小早川家の秋』。京都にある造り酒屋“小早川”を舞台に、小早川家にかかわる人々の悲喜こもごもを描く本作について「小津さんが得意な暖色系を抑えて、大人の色合い。窓の外の造り酒屋の凝りようがすごい」(種田氏)、「遺作の一本前だからなのか、しっとりとした落ち着きがある。この映画を観て、改めて小津監督は画家なんだと思う」(周防監督)と語った。

学生時代から熱心な小津ファンだったふたりの出会いは、今から30年前。低予算のピンク映画にもかかわらず大きな話題を呼んだ周防監督の『変態家族 兄貴の嫁さん』(1984年)で、種田氏が美術を手がけて以来、親交が続いている。小津映画にオマージュを捧げた作品としても知られており、周防監督は「デビュー作だから一番好きなことをやりたくって、小津安二郎を徹底研究した。ちゃんと小津さんの墓参りをして、謝りましたけど(笑)」と当時の思いを明かした。

一方、種田氏は「周防さんは、小津監督の写真をプリントしたTシャツを着て、気合い充分。ベテランのスタッフさんも『普段の周防君じゃない』ってビビっちゃって(笑)」と振り返り、「撮影はわずか5日間。美術予算もあまりないから、菓子折り1つで日活スタジオにあった角川映画のセットの一部をお借りした」と苦労を語った。

9月23日には『変態家族 兄貴の嫁さん』が“映画のコツ”プログラム関連作品として特別上映される。『第37回 PFF』は9月24日(木)まで東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催中(月曜休館)。

第37回PFFぴあフィルムフェスティバル
9月12日(土)から24日(木)まで 東京国立近代美術館フィルムセンター
10月3日(土)から9日(金)まで 京都シネマ
10月31日(土)から11月3日(火・祝)まで 神戸アートビレッジセンター
11月12日(木)から15日(日)まで 愛知芸術文化センター
2016年4月(予定) 福岡市総合図書館 で開催

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング