当てはまったら“マンネリ期”! カップルに起こりがちな5つの変化

2015.9.17 6:30

カップルは付き合いが長くなるほど“微妙な時期”が訪れがちです。今回は、そんな「マンネリムード」に突入したカップルにありがちな変化についてまとめました。当てはまったら要注意!

付き合いが長くなってくると、カップルに少なからずおとずれる「倦怠期!?」と思える微妙な時期。

出会った頃、あんなにドキドキしたりハラハラしたりしたのが、今では嘘のよう……なんて心の中で感じているカップルも多いのではないでしょうか。

マンネリムードに突入したと思われるカップルにありがちな変化とは!?
あなたにも思い当たるポイントはないでしょうか。

1:メールや通話の回数が減っても平気に

付き合いだして間もない時期は、相手をもっと知りたい気持ちや自分をもっと知ってほしい気持ちがいっぱいで話は尽きなく、相手の言葉ひとつひとつが新鮮でドキドキ。
互いにコミュニケーションをとる時間を最優先していたはずです。

しかし、いろいろなアプリも普及し連絡ツールはますます便利になっていっているはずなのに、気づくと互いに言葉を交わす頻度が減り、返信もだんだん簡素なものに……。多くの人が経験するケースと言えるでしょう。

「いま仕事が終わったよ」
相手からの簡素なメッセージにさえ、(わざわざ連絡してこなくていいのに……)なんてちょっぴり面倒に感じるようになってしまったら、マンネリ注意信号かもしれません。

2:デートの服を考えるのが面倒になる

相手の好みが気になったり、どんなおしゃれをすればより自分が魅力的に見えるかを一生懸命考えて選んでいたデート服。
また、それを考えることが楽しくてたまらなかったはずです。

ところがだんだん「デートのため」の服を考えるのが面倒になり、いつのまにか彼・彼女のために特別なおしゃれをする気持ちもダウン……。

普段着とまではいかなくても、無理せず自分らしくいられる服でいいじゃない! そんな気持ちのほうが大きくなってしまうこともよくあるケースです。

相手が、服ではなく人間性を見てくれているという「安心感」があってこその変化ともいえますが、その安心感が「だらしなさ」につながってしまうと、他人の目から見ても残念なカップルになってしまうことに……。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント