Nao Yoshiokaツアー開幕&NY公演決定

2015.9.14 18:25配信
Nao Yoshioka 9月11日代官山LOOPでの公演の模様 Nao Yoshioka 9月11日代官山LOOPでの公演の模様

ソウルシンガーのNao Yoshiokaが、9月11日に代官山LOOPで初の全国ツアー“Rising Japan Tour 2015 -Living Our Dreams-”をスタート。世界水準と言われる彼女のパワフルな歌声が、フロアを熱狂させた。

【チケット情報はこちら】

Nao Yoshiokaは2009年に単身ニューヨークへ渡り、2年半かけて本場で歌を修行。アレサ・フランクリンやローリン・ヒルなど多くのスターを輩出してきたアポロシアターのアマチュアナイトで準優勝し、アメリカ最大級のゴスペルフェスティバルでは4万人の中からファイナリストに選出されるなど、その実力を示してきた。

本公演は、今年4月に発表したメジャーデビューアルバム『Rising』のリリースツアー。初日となるこの日は、ギター、ベース、ドラム、キーボード、男女コーラスというバンド編成。ステージにNao Yoshiokaが登場すると、待ちわびた観客から大きな拍手と大歓声が送られた。バンドの演奏に身を任せるようにリズムをとりながら、堂々とした佇まいで圧倒的なヴォーカルを響かせると、歓声はさらに大きくなった。

「一緒に最高な時間を作りましょう」という彼女の言葉通り、1曲ごとに歓喜と興奮が何度も訪れる。アルバム『Rising』に収録の『Just Go』や『I'm No Angel』、『Dreams』を始め、2013年にリリースしたアルバム『The Light』のナンバーも織り交ぜ、本場仕込みの歌を次々と披露。彼女の魂を揺さぶる歌声に、フロアは大きく揺れた。

ライブ後半には、ジャズの本場「ブルーノート・ニューヨーク」で9月25日(金)に初のワンマンライブを行うことを発表。「自分自身を信じることができたら、可能性は無限大です。私の夢は始まったばかり。みなさんには、私の夢が実現する姿を見ていただけたら」と語った。

最後には、「音楽に乗せてメッセージを届けるのは私の使命だと思っています。ここから最終日まで突っ走りたいと思います」と改めて全国ツアーへの決意を固めた彼女。“Rising Japan Tour 2015 -Living Our Dreams-”は、11月21日(土)のイイノホール公演まで全13公演行われる。チケット発売中。

取材・文:門 宏

■「Rising Japan Tour 2015 -Living Our Dreams-」
11月21日(土) イイノホール (東京)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング