マリオが風神雷神になっちゃった!? “スーパーマリオד琳派”夢のコラボ屏風に会いに行こう【京都】

2015.9.15 14:45

今年で30周年を迎える「スーパーマリオブラザーズ」が、今年で400周の琳派とコラボ! なんと、あの「風神雷神図屏風」にマリオ&ルイージが登場するのです! そんな話題の展覧会を紹介!

「マリオ&ルイ―ジ図屏風」(c)Nintendo  作 山本太郎 2015年

琳派×スーパーマリオが夢のコラボ!

今年で30周年を迎える、任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオブラザーズ」。

作家・山本太郎氏の発案により、今年で400周年の琳派と「スーパーマリオ」がコラボ!
なんと俵屋宗達作の「風神雷神図」にマリオとルイージが描かれた屏風が展示されるのです!

琳派も京都で誕生し、任天堂も同じく京都で生まれた人気キャラクター。
まさに、“伝統と現代”が融合した夢の展覧会のみどころを紹介していきます!

琳派400年記念 琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事
2015年10月23日(金)~11月29日(日)美術館「えき」KYOTO

マリオとともに振り返る
“琳派”の歴史

では、琳派とは一体どんな流派なのでしょうか?

江戸初期、本阿弥光悦と俵屋宗達によって創始され、雅にして斬新、大胆でいて華やかなその意匠は、国内のみならず海外でも高く評価されている流派のことを指します。

絵画だけでなく、陶磁、漆工、金工、染色などの分野においても、その高い意匠性を発揮し、多くの名品を生みだしてきました。

主な絵師は、尾形光琳・乾山兄弟、酒井抱一・鈴木其一などの江戸琳派と、近代における神坂雪佳山本太郎などが挙げられていて、ヨーロッパの印象派や現代の日本画、デザインにも大きな影響を与えています。

本展では、近代において琳派を継承し、京の地で琳派芸術を復興させた神坂雪佳、現代において継承する絵師、山本太郎を比較しながら、屏風や軸装、工芸など約100点の作品を展示します。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング