カンニング竹山、『セッション』を“キレキレ”アピール!

2015.9.14 18:31配信
“TSUTAYA応援隊長”カンニング竹山

第87回アカデミー賞で3部門に輝いた『セッション』のブルーレイ&DVDレンタル開始PRイベントが9月14日に都内で行われ、タレントのカンニング竹山がTSUTAYA応援隊長として出席。本作で助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズ演じる“キレキレ”の音楽教師にちなみ、十八番のキレ芸を交えながら本作をアピールした。

その他の画像

名門音楽大学に入学した青年・マイルズは、天才ミュージシャンを生み出すことにとりつかれた鬼教師のフレッチャーに見いだされ、罵声や暴力も辞さないレッスンを強いられる。才能と狂気がぶつかり合う極限の師弟関係に訪れる、予想だにしないエンディングとは?

登場するなり「なんで、ハゲヅラなんだよ!」「空席だらけじゃねえか」「事件でも起こせば良かったか!?」などとキレ芸で会場を沸かせた竹山は、「台本に書いてあったから、やっただけ」と舞台裏まで暴露。普段は「映画のイベントには出ない」というが、「映画館で観て、本当に面白いなと思っていた。大好きな映画を応援できて、ギャラまでいただけるなんてこんな嬉しいことはない」と作品にほれぼれしていた。

若手時代には、映画さながらの厳しい指導を周囲から受けたそうで「ネタ見せで、(放送)作家さんから灰皿を投げられるなんてザラ。テレビ局のディレクターさんに「全然面白くないね」と言われたり、生放送の後で正座させられたり」と当時の苦労を振り返った。

現在は本業に加えて、俳優としても活躍しているが「あくまでお話をいただき、スケジュールが空いていれば、お受けする。基本的にはお笑いです」と宣言。「お笑いに司会、お芝居と何でもこなせる伊東四朗さんみたいになりたい」と野望も明かした。

『セッション』ブルーレイ&DVD
9月18日(金)TSUTAYA限定レンタルリリース
10月21日(水)ブルーレイ&DVD発売

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング