宝塚OGからのスーパーギフト! 懐かしいシーンの再現も

2015.9.14 20:00配信
『SUPER GIFT! ~from Takarazuka stars~』公演の模様 『SUPER GIFT! ~from Takarazuka stars~』公演の模様

大阪・梅田にある梅田芸術劇場の10周年を祝い、剣幸、杜けあき、安寿ミラ、姿月あさと、湖月わたるら宝塚の歴史を彩った歴代スターたちが集結するステージ『SUPER GIFT! ~from Takarazuka stars~』。同公演が9月12日に東京国際フォーラム ホールCで開幕した。

【チケット情報はこちら】

関西圏で大型ミュージカルを上演する劇場として定着している梅田芸術劇場だが、宝塚歌劇とも縁が深く、宝塚の公演や宝塚OGの公演も数多く上演されている。本作は劇場10周年を、そんな宝塚にスポットを当てて祝う趣向だ。演出の三木章雄によると「劇場を見守り、育ててくださったお客さまにお返しとして、大きなものをプレゼントしたい。プレゼントの中身は色々あると思いますが、僕は宝塚の演出家なので、宝塚の卒業生のみなさんと共に、宝塚時代の懐かしいナンバー、卒業後に展開した新しい面をミックスし、楽しんでいただくのが一番のプレゼントだと思いました」とのこと。

その言葉どおり、ショーの中身はまさに“すごい贈り物”。中でも目玉は、1987年から1988年にかけて月組で上演された『ME AND MY GIRL』の再現だ。宝塚では異例の1年にわたるロングランとなった伝説的舞台だが、今回はその主演コンビ、剣幸とこだま愛のトップコンビが揃って出演。抜粋ながら名シーンに継ぐ名シーンを剣・こだまはじめ、スター達が楽しげに演じ、懐かしくハッピーな空気が劇場を包み込んだ。ほか、安寿ミラ・森奈みはるの元花組トップコンビが、阪神大震災で宝塚大劇場が被災し公演中止になり、その後現・梅田芸術劇場(当時は劇場飛天)で再開された彼女らの退団公演『哀しみのコルドバ』のナンバーを披露するなど、ファンにとってはたまらない内容に。ほかにも、『雨に唄えば』『ハウ・トゥー・サクシード』から、今秋来日公演が予定されている『TOP HAT』まで、劇場になじみのある海外名作ミュージカルのナンバーも披露され、懐かしさと新鮮さがミックスされた見応えのあるショー・ステージになった。

初日前日に行われた会見で、スターたちは「アルバムを開けたようなショー。ちょっと写真がセピア色になっているのが、私たちの体力のせいなのかなと思っていますが(笑)、でも“時間がたってからの昔の再現”も、また味わいがある」(杜)、「宝塚を辞めて女優になっても応援してくださっているファンの方々に、私たちからのスーパーギフトをお贈りします」(安寿)、「私にとっては宝物のような宝塚での、思い出の作品を再現させていただけることが嬉しい。宝塚は総合的なもの。(元トップスターだけでなく)全員がキラキラ光っているのが見どころ」(剣)とそれぞれアピールしていた。

公演は9月27日(日)まで東京国際フォーラム ホールCで上演。その後10月3日(土)から8日(木)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールで上演。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング