好きになった人から好きになってもらうのが幸せ。遊びじゃなくて本当の恋がしたいと願うのが女心。

一方で、男性から「重いな」と思われてしまうと恋は失敗する……と、経験から知ってしまった女性も多いのではないでしょうか。

「一緒に遊んでいて楽しいな」くらいの軽い気持ちからスタートして、徐々に男性から「この子は特別」という風に思いを深めていってもらえたら、理想的な展開なのかもしれませんね。

それでは、どんなきっかけで、男性は“この子を「本命彼女」にしたい!”と強く思うようになるのでしょうか? ここでは3つの動機をご紹介します。

自分を見て、パッと笑顔になった!

何よりも、女性の笑顔は強烈なきっかけになります。自分を見た瞬間にパッと彼女の表情が明るくなると、「本命」として強く意識することが多いそうですよ。

多くの男性は、喜んでいる女性の顔を見るのが好き。自分が女性を喜ばせたり笑わせたりできたと確信すると、もう俄然!自信がみなぎります。

そして、ものすごくイイ笑顔で自分に自信を授けてくれた対象に対して、好意レベルを一段階引き上げます。

相手を喜ばせて、自信を持つ。これが、男性にとって恋の理想形の一つなのです。

「今、間違いなく自分に向かって笑ってくれた!」と、“脈アリ”を確信できる反応が認められた時、男性の本気スイッチは入りやすいです。

休みの日に一緒にいたくなる

「休みの日くらい、ゆっくり寝ていたい……」

仕事がいそがしくてクタクタに疲れている時期ってそんなモノ。彼女に会うどころかLINE1本送るのも億劫、なんてことがあっても仕方ないかもしれませんね。

ただし、本当の恋は、男性を別の次元へと吹っ飛ばしちゃうことがあります。

疲れているのに「休みの日くらいはあの子と一緒にいたい」と思ったり、疲れているからこそ「癒されるから会いたくなる」「あの子の顔を見てエネルギーをチャージしたい」という気持ちになったり。

いそがしいからこそ、疲れている中でも「大事な人のために時間を割こう」という発想が生まれて、そんな変化に男性自身も驚くかもしれません。

この感覚に目覚めた男性は、ぼ確実に相手を「本命彼女」にと強く望むようになります。そんな風に思われる女性になれたら、気分最高でしょう!

もし彼がちょっと疲れたくらいで「会うのめんどくさい」と言いたげな態度が増えてきたら……、ちょっと残念な傾向です。悪気の有無はともかく、本気ではない可能性があります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます