妖艶なサラ役で殻を破る!舞羽美海が人気ミュージカルに出演

2015.9.16 16:38配信
舞羽美海 舞羽美海 撮影:奥村達也

トランシルヴァニアのヴァンパイアたちをダイナミックでロックテイストあふれる音楽に乗せて描くミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』が帰ってくる。『エリザベート』で有名なミヒャエル・クンツェが脚本・歌詞を手掛け、2006年の初演以来、再演を重ねてきた人気作品だ。Wキャストでヒロインのサラ役を務めるのは舞羽美海。宝塚歌劇団退団後、初の大型ミュージカルに挑戦する。

「ダンス オブ ヴァンパイア」チケット情報

「ヴァンパイアは本当に存在するかも知れませんが(笑)、もし血を吸われてヴァンパイアになったら、私も人の血を吸ってみたいと、誰しも変身願望はあると思うんです。心が躍り、血が騒ぐような音楽で、コメディ要素たっぷりに、その夢の世界を現実にしたのがこの作品。オーディションで選ばれたときは、跳び上がるほど嬉しかったです」。ヴァンパイアの研究者である教授と助手のアルフレートが旅先で滞在する宿屋の娘、サラを演じる。「純粋無垢な18歳の少女で、大人の階段を上りつつもある。生まれ育った村にずっと留まりたくなくて、冒険もしたい。でも恋をすることで覚醒し、ドンドンと彼女自身が変化していく。その過程を繊細に演じたいですね。サラはお風呂が好きで入浴シーンが多いのですが、そのシーンに留まらず『とにかく稽古に入るまでにセクシーになってこい』と演出家の山田和也さんから注文がありました(笑)」

アルフレートから一目惚れされ、ヴァンパイアのクロロック伯爵もサラに夢中になる。「女の子の特権ですね。あっちが好きだけど、こっちも好きとふたりの袖を持っているような感じ(笑)。ちょっとずるいんですが、サラなら許されると思います」。その妖艶な役をWキャストで神田沙也加も射止めた。「明るくてかわいくて、テレビで拝見するイメージそのままの方。沙也加さんを尊敬していますし、稽古場では凝視して(笑)、学ばせてもらうつもりです」

宝塚歌劇団雪組の娘役トップを務め、2012年に退団後、映像や舞台で活躍中だ。「まだまだ実力不足。役に合わせて多様な歌い方ができるように、声という楽器を磨き、演技ももっと自由に表現できるように努力しています。でも現場に男性がいるのはいまだに違和感があって(笑)。舞台で伯爵役の山口祐一郎さんの目を見て歌うと思っただけで、ドキドキしています」。自分の殻を破るのが目標だという。「演出家の方にも『卵の中にいて壁があるね』と言われるんです。いい意味でいつも葛藤していて、それをバネに未知の世界へ飛び込んでいきたい」。見どころとなるラストのサラの変貌は、殻を破っていく鍵となりそうだ。

公演は11月3日(火・祝)から30日(月)まで東京・帝国劇場、2016年1月2日(土)から11日(月・祝)まで大阪・梅田芸術劇場メインホール、1月15日(金)から17日(日)まで愛知・愛知県芸術劇場 大ホールにて上演。

東京・大阪・愛知共、チケット発売中。

取材・文:米満ゆうこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング