ドコモがiPhone向けキャンペーン新設、既存キャンペーン改定も

2015.9.16 17:15配信
iPhone 6s(左)とiPhone 6s Plus

NTTドコモは、iPhone 6s/6s Plusの発売開始に伴い、iPhone向けのキャンペーンとして「ドコモにチェンジ割」と「ゼロから機種変キャンペーン」を新設するほか、既存の「下取りプログラム」「家族まとめて割」「のりかえボーナス」の改定を9月25日に行う。

「ドコモにチェンジ割」は、9月18日~2016年1月11日の期間に、他社からの乗り換えでドコモのiPhoneを購入するユーザーを対象に、基本使用料を最大1年間、税込で月額1458円の割り引き、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」の基本使用料を半額で使える個人名義向けのキャンペーン。

利用にあたっては、「カケホーダイ&パケあえる」の「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」を「2年間定期契約」または「契約期間なし+ハーティ割引」で契約するとともに、「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパック(「らくらくパック」除く)またはシェアオプションで契約する必要がある。

対象機種はiPhone 6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c。

「ドコモにチェンジ割 for ビジネス」は、9月18日~2016年1月11日の期間に、他社からの乗り換えでドコモのiPhoneを購入する際に、基本使用料を最大2年間、税込月額729円割り引く法人名義向けのキャンペーン。「光スマホ割 for ビジネス」と重畳して適用できる。

利用にあたっては、「カケホーダイ&パケあえる」の「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」を「2年間定期契約」で契約し、「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパック(「らくらくパック」除く)またはシェアオプションで契約する必要がある。

対象機種はiPhone 6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c。

「ゼロから機種変キャンペーン」は、ドコモのiPhone 5s/5cを利用しているユーザーが9月25日~11月3日の期間に、対象機種への機種変更を行う場合に月々サポートの適用額を増額するキャンペーン。利用にあたっては、使用中のiPhone 5s/5cを店頭で下取りに出す必要がある。

割引内容は、iPhone 5cを下取りに出す場合が5400円の割引額に加えて、月々サポート適用額を最大2万520円(月額855円)増額、iPhone 5sを下取りに出す場合が9720円の割引額に加えて、月々サポート適用額を最大1万6200円(月額675円)増額する。

対象機種はiPhone 6s/6s Plus/6/6 Plus。

「下取りプログラム」は、使用中の端末を下取りに出すことで、新規購入端末の購入代金を割り引くキャンペーンで、9月25日から対象機種にiPhone 6/6 Plusを追加する。税込の割引額は最大3万7800円。

「家族まとめて割」は、9月25日~11月3日の期間に、対象機種を家族で2台以上購入し、「シェアパック」のグループに加入したユーザーを対象に、端末の購入代金を割り引くキャンペーン。サービス改定によって、対象機種にiPhone 6s/6s Plusを追加する。税込の割引額は、新規契約(他社からの乗り換え含む)が最大1万800円、機種変更(契約変更含む)が最大5400円。

「のりかえボーナス」は、9月25日~11月3日の期間に、他社からの乗り換えで対象機種を購入したユーザーを対象に、端末の購入代金を最大で税込1万800円割り引くキャンペーン。今回の改定によって、対象機種にiPhone 6s/6s Plusを追加した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング