篠原ともえ“メイドレス”で海外ドラマPR

2015.9.17 15:16配信
『デビアスなメイドたち』DVD&デジタル配信記念イベントに登壇した篠原ともえ

海外ドラマ『デビアスなメイドたち』シーズン1のDVDとデジタル配信リリースを記念して、9月17日に篠原ともえが作品にインスパイアされてデザインしたというオリジナル割烹着でミニファッションショーを開催した。

その他の写真

5人のメイドたちがセレブ屋敷の様々な秘密を暴いていくという本作。イベントが行われたユザワヤ(新宿タカシマヤタイムズスクエア店)の主催で、ドラマのメイドたちに着てもらうためのオリジナル割烹着を作るキャンペーンが開催されており、篠原は審査員を務めている。

篠原はオリジナルデザイン&手縫いによる真っ赤なメイド服で登場! 3日ほどかけて作り上げたそうで「本番直前まで縫っていた出来たてホヤホヤです!」と語り「メイドと言えばエプロン! 日本のメイドの“カワイイ”を意識してフリフリにしました」とポイントを明かした。

そして、いよいよ篠原デザインによる割烹着を披露! 篠原は“メイドレス”という造語を掲げ「日本のメイドと言えば割烹着! クルっと回ってもかわいいAライン、そこにプラスしてセクシーにしたくてシースルーの透けているデザインにしました。中の服が見えてもかわいいです。割烹着の和風のイメージと洋風のデザインをミックスしています」と語り「メイド・イン・シノハラのメイドレスです!」と出来栄えに自信をのぞかせた。

ドラマについては篠原は「インテリア、セレブファッションも見るし、メイド服もすごくかわいい! 展開は予想できない! メイドしながら事件解決したり、歌手を目指したり、篠原もタレントしながらデザイナーしてるので共感しましたね」と登場人物たちを自身と重ねておススメしていた。

『デビアスなメイドたち』シーズン1
DVD発売中/デジタル配信中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング