自撮り思い通りなるスマホ、ASUSがデュアルSIMスロット搭載で

2015.9.17 19:1配信
ZenFone Selfie(ZD551KL)

ASUS JAPANは、SIMロックフリースマートフォン「ZenFoneシリーズ」の新製品で、思い通りに自撮りができる「ZenFone Selfie(ZD551KL)」を9月18日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は3万7800円前後の見込み。

アウト/インともに1300万画素の高画質カメラを搭載し、肌の色/肌の質感/肌の明るさ/目の大きさ/顔の輪郭の5つの設定を最大11段階で調整することが可能な「美人エフェクト」で、リアルタイムに画面で確認しながら思い通りに自分撮りができる。

自然な明るさと色味を実現するデュアルカラーLEDフラッシュと「リアルトーンフラッシュ機能」を備えており、アウトカメラにはピントが合わせにくい場所でも瞬時に焦点を合わせられる「レーザーオートフォーカス」を採用するなど、高い撮影機能を搭載した。

ユーザーインターフェースには、2つの設定を切り替えて使える「SnapView」を備えた「ASUS ZenUI」を採用しているほか、画面の2回タップによるスリープのオン/オフをはじめとする、少ない動作ですばやい操作を可能にする「ZenMotion」、初心者でも迷わず使える「簡単モード」、子ども向けの「キッズモード」などを利用できる。日本語入力システムには、ジャストシステムの「ATOK」を標準搭載した。

本体には、4G/LTEに対応したSIMスロット×2基を備え、手のひらに自然にフィットするエルゴノミックアークデザインを採用し、ディスプレイ下部や各種ボタンにはスピン加工を施した。

CPUにオクタコアのQualcomm Snapdragon 615を採用し、10点マルチタッチ対応5.5インチワイドIPS液晶ディスプレイ(解像度1920×1080)、2GBのメモリ、16GBのeMCPを搭載している。インターフェースは、microUSB×1、microSDXC/microSDHC/microSDカードスロットなどを備えている。対応無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはAndroid 5.0.2。

このほか、5GB分の「ASUS WebStorageサービス」(永久無料版)、100GB分の「Googleドライブ」(2年間無料版)が付属する。

バッテリ駆動時間は、無線LAN利用時が約11.8時間、モバイル通信時が約10.4時間。連続通話は約1386分、連続待受は3G時が約405時間、LTE時が約255時間。サイズは幅77.2×高さ156.5×奥行き3.9~10.8mmで、重さは約170g。カラーは、アクアブルー、ホワイト、ピンクの3色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング