ドビュッシー生誕150周年を記念したマラソン・コンサートが開催

2012.3.26 21:13配信
工藤重典 (c)Rikimaru Hotta 工藤重典 (c)Rikimaru Hotta

上野で開催中のクラシック音楽祭「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森2012-」で、フランスの作曲家クロード・ドビュッシーの生誕150周年を記念したコンサートが4月1日(日)に開催される。

「東京春祭マラソン・コンサートvol.2 ドビュッシーとその時代」の公演情報

1862年にパリの郊外に生まれたドビュッシーは、フランス美術の印象派と同時代に活躍した、印象主義音楽を代表する作曲家。当時の芸術文化の発信拠点だったパリにおいて、マラルメやヴェルレーヌら象徴派の詩人との交流を深め、多大な影響を受ける。従来の長・短音階以外の旋法と和声語法に捉われない自由な発想で、『牧神の午後への前奏曲』や『夜想曲』、交響詩『海』など斬新な作品を次々と発表。今日では20世紀以降の音楽の礎を築いた存在とされている。

今回のコンサートでは、工藤重典(フルート)、林美智子(メゾ・ソプラノ)、渡辺玲子、小林美恵(以上ヴァイオリン)、川本嘉子(チェロ)、永野英樹(ピアノ)など、国内外から一流の演奏家たちが集結。朝から晩まで全5部にわたり、ドビュッシーの作品を中心に、ショーソンやラヴェルなど同時代にパリで活躍した作曲家の作品なども披露する。

「東京春祭マラソン・コンサートvol.2 ドビュッシーとその時代~生誕150年に寄せてー芸術都市・パリに生きたアーティストたち」 は、4月1日(日)11時より東京文化会館 小ホールにて開催。チケットは発売中。

■東京春祭マラソン・コンサートvol.2 ドビュッシーとその時代

《第I部》11:00開演
【出演】フルート:工藤重典/ハープ:山宮るり子/ピアノ:藤井一興/ヴィオラ:ロジャー・チェイス
《第II部》13:00開演
【出演】ピアノ:藤井一興、本田聖嗣
《第III部》15:00開演
【出演】メゾ・ソプラノ:林美智子/ピアノ:河原忠之
《第IV部》17:00開演
【出演】ヴァイオリン:小林美恵、渡辺玲子/ヴィオラ:川本嘉子/チェロ:向山佳絵子/ピアノ:藤井一興、本田聖嗣
《第V部》19:00開演
【出演】ピアノ:永野英樹

いま人気の動画

     

人気記事ランキング