震災復興の“今”に触れる! イベント「ツール・ド・東北2015」実走レポ【写真・動画満載】

2015.9.18 18:30

2015年9月13日(日)、宮城県の三陸地方を舞台として開催された「ツール・ド・東北2015」をレポート。写真満載でお届けします!

2015年9月13日(日)、宮城県の三陸地方を舞台として「ツール・ド・東北2015」が開催されました。これは、気仙沼~石巻間の海岸線沿いを自転車で走るファンライドイベントです。

全体で3,478名にもおよぶ一般参加者が集まった本イベント。今年は気仙沼から石巻までを繋ぐ95kmの「気仙沼ワンウェイフォンド」を新設し、スタート地点が2カ所に分かれました。

これについて株式会社河北新報社の一力雅彦代表は、オープニングセレモニーで「豊かな三陸地方の自然を、存分に楽しんでもらいたい」とコメント。より多くの人々に「ツール・ド・東北2015」を満喫してほしいという思いが伝わります。

今回私は、新設された「気仙沼ワンウェイフォンド」を実際に走らせていただきました。

同フォンドには、ファッションモデルの道端カレンさんやケネディ駐日米国大使も出走。スターターは地元・気仙沼出身のパラリンピアンである佐藤真海さんが務め、大歓声の中で開始された本イベント。目で見て、肌で感じたその全容をご紹介しましょう。

間近に見る震災復興の現状

三陸地方といえば、2011年3月11日に発生した東日本大震災で、甚大な被害を受けた地です。当時の様子については、記憶に残っている方も多いでしょう。

スタート前には参加者全員で黙祷。コース上でふと周囲を見渡せば、震災復興の現状を目の当たりにすることができます。被災地の今を知るという意味でも、非常に意味深いイベントでした。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!

超簡単「顔ヨガ」で小顔に!

     
ファンダフル ENJOY!リレーマラソン

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント